テーマ:

今年の蛍はスゴイ!

仕事が終わると雨が降っていなかったので、辰野の蛍を見に行った。 ものすごい数の夏の申し子たちが乱れ飛んでいた。まさに乱舞! 僕は辰野の蛍が好きで、ほとんど毎年見に行っているのだが、 この数は近年にはない。突然訪れた夏の水先案内人たちだ。 知人のおうちに寄って、訪ねたのは午後8:30過ぎ。 ぱらぱらと降り始めた雨を心配し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

声が出ないわけ

そうなんですね。原因はきっとこれです。 左は3月18日の徳島旅行でのスナップ。そして右は今日です。 使用前、使用後って感じですね。まさにそうなんですけど。(^_^;) …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

マグノリア Once upon a time

あのね。 むかしむかし 水芭蕉という花があってね。     大空を自由に飛び回る鳥に憧れていたんだ。     だから水芭蕉は木に登って、白木蓮になったんだ。 あのね。 むかしむかし、お父さんが生まれるずっと前にね。 座禅草という花があってね。     大空を自由に駆け回…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

爽甲斐な春 (4月12日)

たった50kmしか離れていないのにこの違いです。甲斐は春爛漫でした。 【 なし 】 【 さくら 】 【 もも なのはな 】 【 もも 】 【 はなみずき 】 【 まるで南国 】 甲斐も亜熱帯に身売りしたようです。温帯は本州では信州だけです。 我が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トリカブト

こんな花が、近所に自生している我が家って、いったい? そうだよなぁ。高原だよなぁ。(10月18日) 【舗装道路の道端、ちょっとした木陰に潜むように咲いていた。】 【よく通るところなのに、ノーマークだった。それにしてもすごい数だ!】 【こんなに沢山。一体何人分の致…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋の青

我が家の花をご紹介します。秋の青を6枚・・・。(10月18日) 【アゲラタム。カッコウアザミとも。アザミの花に似てなくもない。長く咲く。】 【あれ? ボリジってこんな季節にも咲くんだ~!】 【白が定番のニコチアナ。ちょっともう峠を過ぎちゃってて、ゴメンな。】 …
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

夏の野

井戸尻遺跡の古代蓮を見に行ったときの脇役たち。その2。 【セロリ畑と富士山】 【セロリ畑と八ヶ岳】 【井戸尻遺跡から望む赤石山系】 【井戸尻遺跡】 【井戸尻遺跡】 【旧国鉄の鉄橋・・・撤去が最近決まった】 1…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

夏の花

井戸尻遺跡の古代蓮を見に行ったときの脇役たち。 【アスチルベ】 【キキョウ】 【ムスク・マロウ】 【ヤブカンゾウ】 【ユウガオ】 【クリのイガイガ】 """""""""""""""""""""…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

睡蓮 (二)

コウホネって言うらしい。 僕としては、結構グロテスクな花の部類に入る。 語源は河骨とか川骨。根茎がヒトの背骨に似ているんだな。 はたしてこれもコウホネだろうか。 いずれにしても、ちょっと時期が遅かったようで、 お花さん、ごめんなさい。 <(_ _)> 睡蓮はこうして水面を埋…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

睡蓮 (一)

睡蓮と蓮の区別がつかなかったんだよね。 漢字で書けばすぐわかるのに、いつもこんがらがってた。 睡蓮を見ると、お釈迦様の花って気がする。 真っ白の睡蓮って、まさに子供の頃見たお葬式の花輪の花だよな。 この花と、ダリアの花を見ると、僕はお葬式を連想する。もちろん菊も。 あのでっかい花輪も今は見なくなったね。生花…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

古代の蓮 (二)

約2000年前、弥生時代の後期の古代蓮。 この大賀蓮は約50年前に千葉市の遺跡から 出土した実を発芽させたものを貰ってきたらしい。 蓮って、午前中にしか咲かない花って言われるけど、 ここを訪れたのは、正午をとっくに回っていたと思う。 今年はずっと雨が降り続く梅雨で日照不足だったから、 蓮も帳尻を合わせてい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

古代の蓮 (一)

古代の蓮というのを見てきた。 我が家から車で20分くらいのところ・・・ 富士見町の井戸尻史跡公園に咲いているという。 行ってみた。(7月だよ。ブログ、溜まってんだ。) こりゃすげ~や。お寺にある木魚くらいデカイぞ! 驚いたね。こんなに大きな蓮が、 こんなに大きな花があるとは。 比較になるものが写って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

素敵な山麓生活

山と渓谷 2007年9月号 134ページ。 サブタイトルは、 「仕事漬けから趣味ざんまいへ大胆な転身」 大好きなクララさんご夫妻が掲載されている。 僕の野山歩きの先生なのだ。 九州出身のお二人に、 僕の地元の良さを教わっているのだ。 トホホである。 そして、理想的な生き方をされている ご夫妻なんだよなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

お花もいっぱい (4)

何気なくコニファを見ていたら、 何やら白いものが。 なんだこりゃ? 最初は花だと思った。コニファも花が咲くんだなぁって。 でも近づいてよく見たら、花ではなかった。 何と、コンペイトウだった! ≪ お花シリーズ 甘 おっと 完 ≫ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

お花もおっぱい (3)

今年はセミの異常発生の年かな? クマゼミとか、ミンミンゼミとか、ヒグラシが大合唱だった。合奏かな? 玄関前の、丈が1mくらいしかない紅葉にもとまって鳴いてたよ。 サルスベリ。両親が好きな木だったので、隠居部屋の前に植わってる。 去年の花の名残りをそのままにしてしまった。 でも、違う枝からちゃんと咲いた。6房くらいだったけど…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

お花もいっぱい (2)

雑草に近いものも、立派な花だよなぁ。 ドクダミ(カメレオン?)、オオマツヨイグサ、アサガオ、チッコリ・・・。 オオマツヨイグサなんて、綺麗に咲いている時間は限られてる。 そのときにレンズを向けないと、撮れないんだよな。 そのときって、光が薄いんだよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お花もいっぱい (1)

今年は、我が家の庭には本当に申し訳ないことをした。 音楽イヤーと決め付けて始まった2007年。 その犠牲になったのが庭である。 あれもこれもはできないから、申し訳ないけど、 今年は庭には目をつぶってらった。 来年はちょっと手を入れたいと思ってるんだ。 でも、そんな見放された庭にも、花は咲くんだ。 こんなに沢山の花が僕を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サンクゼール テラスでランチ

何ていう花だろう。 ピークは過ぎてしまったけど、寄り添うように咲いている姿が印象的。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" あなたはブッドレヤ? 色んな種類があるんだね。初めて見た。 """"""""""""""""""""""…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

サンクゼールの花たち

時折小雨のぱらつく日だった。 トスカーナの空というより、イギリスのそれに似ていた。 ガウラの花が、青葉に映える。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" ロシアセージとヤーロウの共演。上品。 """"""""""""""""""…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サンクゼール 再び・・・

7月に再びサンクゼールを訪れることとなった。 場所は飯縄町。僕らが訪れた翌日に、中越沖地震が起き、 震度6弱の大きな揺れがあったところ。それは前のブログにも書いた。 さて、一ヶ月を経てサンクゼールで会った友は、学生時代の同級生。 彼は首都圏に居を構えるが、出身は長野。 学校では同郷ということもあって、すぐに友達になった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サンクゼール

だいぶ前になるが、素敵なワイナリーを知った。 長野の北、飯縄にある”サンクゼール”。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" レストランとショップを兼ねた建物の前には、小さな葡萄畑。 なんとも心地よい演出だ。 """""""""…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八島湿原 with 本村先生 【動物編】

そんなに沢山の動物に出会いはしない。 一番沢山出会ったのは、人間だった。 白樺湖で記念撮影。AOさんのタイマー撮影。 【機転の利く動物】 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" バイクには、ガソリンタンクの残量計がついてない。 走行距離、山間部…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八島湿原 with 本村先生 【植物編】

車山・霧が峰に向かう前に、白樺湖に寄った。 男山である八ヶ岳の妹といわれている、蓼科山。 今日は姿を現してくれた。諏訪富士とも呼ばれる稜線が美しい。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" ニッコウキスゲを見た霧が峰から、車で10分。八島湿原。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

霧ヶ峰 with 本村先生

白駒の池を後にした。 下りはみんな得意らしい。 弱音も吐かず、どんどん歩む。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" 車山も頂まで行けば綺麗かもしれない。 でもリスクなしに見れたのは霧が峰だ。 下見に来た前週とは全く違った絨毯だ! …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

モナルダ (ベルガモット)

庭のベルガモットが全色 咲き揃った。実はずっと撮り貯めてた。 まずはじめに目を楽しませてくれたのがこの色。鮮やかだ。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" そして、夏を思わせる、熱情的な赤、あか、赤! """…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

八島湿原のオオカサモチ

八島湿原でも、白い花は目立つ。 これがとってもポピュラーなオオカサモチ。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" こんな姿のオオカサモチに出会った。 真ん中はまだつぼみ。オオカサモチって名前から、イメージが膨らむ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八島湿原のカラマツソウ

車山・霧ヶ峰に向かう前に、白樺湖を通る。 その白樺湖に向かう道沿いに、一本だけ見事なヤマボウシが咲いている。 こんなに鮮やかなピンクのヤマボウシは珍しくないだろうか。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" 下から見上げると、透き通る…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

霧ヶ峰のニッコウキスゲ

週末はいつもはっきりしない天気が続いている。 ニッコウキスゲを見に、車山・霧ヶ峰に行ってみた。車で30分で行ける。 白樺湖を眼下に見下ろす。霧と雲に覆われて、蓼科山が全く見えない。 """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" 白樺湖方面か…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『白いはな 青いはな』  ~ カンパニュラ ~

こう毎日土砂降りでは、録音ができない。 瓦屋根&防音建築なら全く問題ないのだが、我が家は鋼板屋根。 感度のいいマイクではないので、気にしなくてもよいのだが、僕が気になる。 こんなときは、撮り貯めた写真が役に立つ。 カンパニュラ・パーシフォリア。 咲き初めの日差しの強い日に、後ろから前からの方向で撮ってみた。 これだと立体…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『白いはな 青いはな』  ~ ヤマボウシ ~

手裏剣ではない。風ぐるまでもない。やまぼうし。 まだ咲いている。あなたは春の花? 夏の花? 梅雨のはな? 僕はハナミズキが好きだ。和名はアメリカヤマボウシ。 いかにもお洒落な花である。垢抜けている感じがする。 一方のヤマボウシは、いかにも地味だ。山に自生しているし。 ところが、ヤマボウシは3回楽しめるのである。 花、食用…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more