テーマ:薔薇

【好きな薔薇】 : シャルロット

 1993年作出の比較的新しい薔薇です。  こうして★好きな薔薇★を紹介していくと、Papalinの好みが、イングリッシュ・ローズと、イングリッシュ・ローズに良く似たオールド・ガーデン・ローズに偏っているのがおわかりでしょう。はい、その通りでございます。このカップ咲きやロゼット咲きには徹頭徹尾弱いのです。  シャルロットは、…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : バフ・ビューティ

 見て、見て、この子!  半八重のカップ咲きをした透き通るような花弁がとっても美しいでしょう? 子供の頃、手のひらを太陽にかざすと、水かきのところなんかの厚みが薄いところは、血が流れているのが見えるように、赤く透けて見えました。でもこの薔薇には血は流れていませんでした。(笑) でも葉っぱの葉脈は見えました。  実は昔この薔薇…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : パット・オースチン

 イングリッシュ・ローズのクィーンだと思います。  花を沢山つけます。コンテナ植えの株ですが、30以上の花を開かせています。花の外側はゴールド色、そして内側はカッパー色、もしリーフがシルバーだったら...変なことを考えてしまいました。  デイビッドが1995年、この薔薇に奥様の名前をつけた理由がわかるような気がします。我が家…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

自家製 ローズ・ジャム

 Mamalinのブログで先を越されてしまいました。  先日の朝、切り取られているたくさんの薔薇を見ました。当然、ジャムにするのだろうと思っていました。僕も花弁の摘み取りを手伝ったので、一応共同制作ということになります。(笑)  花弁は、薔薇の種類ごとに、ピンク~赤系統の薔薇と、オレンジ~黄色系統の薔薇と、二つに分けました。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : レオナルド・ダ・ヴィンチ

 Mamalinが、何ともタイムリーな薔薇を仕入れたようです。  去年はなかったから、この春までに仕入れたのですね。とても上品なピンク色をした薔薇です。今日はじめてMamalinがPapalinに披露してくれました。何だか思ったよりも薔薇の数が増えている感じがするのは気のせいでしょうか。この冬を乗りきれずに絶えたのも結構あろうから…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : フランシス・デュブリュイ

 フランス語なので、色んなカタカナ表記があります。  この薔薇こそ、夕闇迫る中で撮ることがぴったりだと思いました。ですので、花の深い紅色が最も映える日が沈みかける中で捉えてみました。  薔薇の本を見たり、インターネットでこの花の写真を見たりするのですが、どれもこの真紅の色が出ていなくて、中には明らかに露出が違うと思われる朱色…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : エヴリン・フィッソン

 この薔薇も、凄い赤色、ファイヤ・レッドです。  花弁のビロードのような質感が何とか再現できました。  フロリバンダ・ローズです。  花は小ぶり、直径5~7cmくらいでしょうか。背丈もそんなに高くはならないようです。我が家のエヴリン・フィッソンはまだ数十cmくらの丈ですね。  パーゴラ(薔薇の回廊という名前だったので…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : サッターズ・ゴールド

 大輪の現代バラです。  今日初めてこの花を知りました。Mamalinのブログでも同じ花が紹介されていますが、Mamalinが使用した写真は、咲いている方の薔薇だけ日陰に入れて撮ったものです。確かに、ゴールドの面影はないですよね。でも蕾は金色をしてますよ。  僕が掲載する写真は、殆ど同じ時間に、夕日の直射日光下で撮ったもので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

<<決定>> 2006 オープンガーデン

 お約束ですので、ご案内致します。 【日時】 2006年6月25日(日) 9:00~16:00         例年通り、この日1日だけの公開です。         雨天でも、オープン・ガーデンです。(笑) 【場所】 我が家のプライベート・ガーデン         場所はメイルで問い合わせ願います。         …
トラックバック:3
コメント:20

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : ベンジャミン・ブリテン

 完璧な"赤"、完璧な"形"をしたイングリッシュ・ローズです。  だから、PapalinもMamalinも大好きなのです。Mamalinは何故かこの花を見て「ブリテンだなぁ。いかにもブリテンっていう色だなぁ。」と、訳のわからぬことを言っています。  ベンジャミン・ブリテンは、20世紀を代表するイギリス生まれの作曲家で…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : ラジオ

 去年もこの薔薇で始まりました。  これからは、Mamalinと写真の奪い合いになるかもしれませんね。(笑)  コンテナ植えのお嬢さまたちが、ようやくそのお顔を見せてくれ始めました。  昨日のMamalinのブログは、グレー・パールでしたね。  とても気品があって、花も大きく、見事でした。  僕が今日紹介するのは、…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

俯いて咲く 最後の サクラ

 我が家の最後の桜が満開を迎えました。  実はまだ満開前で、つぼみがいっぱいついているのですけれど。5月も下旬になろうとしているところえです。本当に、昨年よりも1ヶ月も遅いことになります。自然界で1ヶ月遅れなんてことがあっていいものでしょうか。  何はともあれ、この桜は可愛くて大好き。カタログ販売で「ウコン」を注文して、間違…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

BISES(ビズ)に載っちゃいました!

 Mamalinの地道な努力が実を結びました。  BISESという雑誌は、隔月に発売される、ガーデニング誌です。その昔は『BISES 私の部屋』という雑誌名で、インテリア小物なんかを中心に編集されていました。Mamalinはその当時からこの雑誌をチェックしていたのですね。ガーデニングが中心になって以降は、更に目を皿のようにして隅か…
トラックバック:4
コメント:109

続きを読むread more

オープンガーデン

 今年もやります。当然ですね。  しかし、いつになるのか決めかねています。理由は天候不順のためです。  そういうようなことを、本家のホームページでも書きました。  そうはいっても、今月末までには決めないといけないと思っています。  それはさておき、スノーフレーク。可愛いですよね。スノードロップも好きですが、水仙の茎と葉に…
トラックバック:3
コメント:42

続きを読むread more

男子トイレ

 変なタイトルで済みませんね。  小学校の男子トイレが、変わっている...というお話です。僕は今朝娘から聞いて唖然としたのですが、皆さんはもうとっくにご存知かもしれません。  小学校の男子トイレから、小便器がなくなっているって。  Papalinは娘に聞きました。「どうして?」  娘いわく「男の子が学校で大便を出来ないん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : F J グルーテンドルスト

 この薔薇が咲くと、ピンク~レッド・ガーデンのエリアが華やかになります。  ハイブリッド・ルゴサ。濃いローズ色を含む赤い花。香りは少なく、繰り返し咲き。  この花の数! 多分、破格のポールズちゃんを除いたら、次に大きな株かもしれません。とにかく色といい、布をギザギザに切るキーピングハサミ(?)で切ったかのような刻みの入っ…
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

魔法の園芸ネット ?

 朝刊の一面トップに、「光合成促進する農業ネット研究」・・・諏訪東京理科大研究室と八ヶ岳農業実践大学校 という記事が載ってました。  光合成には赤色帯の光が作用する特徴に着目し、自然光を波長変換させて、赤色帯を放射するネットを作って作物を覆い、生育を促す仕組みのようです。これができて、実験結果のように、効果が有意なものであるとする…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

2006年って、薔薇年ですよ。

 いえね。僕も知らなかったんですけれど。薔薇が今年はブームになりそうです。  まずは、3年に一度開催される「世界バラ会議」が、今年の5月に大阪で開かれます。今までは、バラの歴史が長い(と言っても、自国に持ち込んだのですが)、欧米の都市を中心に開催されてきたのですが、今回初めてアジアで開催されるのです。この会議は、世界37ヶ国のバラ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

Mamalinも いんちき の仲間入り

 もう見ましたか? 今日のMamalinのブログ。  彼女も、ようやっと僕の気持ちを身をもって理解してくれたようです。  この薔薇は、元は、12月22日の僕のブログに掲載した写真の、黄色い薔薇なんですよ。あの黄色い薔薇が、こうなっちゃったんですよ。これをインチキと呼ばずして、何がインチキでしょうか。  僕の二の句は、「…
トラックバック:0
コメント:41

続きを読むread more

本体のホムペの更新

 久し振りに本体のホームページをHPビルダーで更新したら、疲れました。  ブログを始めてからというもの、本体のホームページの更新が後手になっています。とうとうMamalinにお尻を叩かれて、腰を上げました。慌てて「薔薇の検索」から辿れる薔薇の写真を30種類ほど、2005年に撮った最新の写真に更新しました。やっぱりデジタル一眼レフ(…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

今日は 皆さんが参加するブログだよ

 aostaさんが書いてくれた、ブログのコメントがヒントです。  2005/12/09 23:39 ブログ・タイトル「トナカイの中居君」へのコメント:  「・・・・・八ヶ岳の朝焼けも、北アルプスの残照も、雪化粧して              真っ白な山肌が薔薇色に輝く季節です。・・・・・」 Q1:あなたの「薔薇色」って …
トラックバック:0
コメント:53

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : チャールズ・オースチン

 外気温はもう氷点下だというのに、まだ一輪だけ咲いています。  アプリコット色で、ロゼット、カップ咲きとくると、Papalinのお気に入りです。デイビッド・オースチンが造りだしたイングリッシュ・ローズって、どうしてこんなにも美しいのでしょう。いわゆる剣弁咲きのモダン・ローズのことを薔薇の代表だと思っていたPapalinは、彼の…
トラックバック:2
コメント:43

続きを読むread more

序曲は、完璧ではいけないってこと

 ごめん   なさい !  『マダム・アシュピン』は、架空の薔薇でした。  言い訳をさせてください。なぜ、ああいうブログができたのかについて。  昨日ですが、友人と、作り話とか、ウソ話について対話をしたのですね。まぁいろいろ意見交換しましたが、そのときに二人の意見が一致したことがあります。それは、「どんな作り話でも…
トラックバック:3
コメント:21

続きを読むread more

2007年 新種薔薇申請:MmeAshpin(和名:マダム・アシュピン)

 新種の薔薇が毎年発表されます。  現在世界の薔薇の品種は25000種とも言われていますが、品種改良(育種とよばれる)をして、新しい品種として認められるには、多年にわたる生育実績が必要になります。  わが国での薔薇の育種家の第一人者といったら、イタミ・ローズ・ガーデンの社長でもある、寺西菊雄さんではないでしょうか。ちなみに…
トラックバック:5
コメント:73

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : マリア・カラス

 大事な花を忘れていました。  Papalinの憧れの "IL DIVA" マリア・カラスの名を冠した薔薇です。その花は、ハイブリッド・ティ・ローズの中でも大きな方で、直径10cmくらいになりますでしょうか、ちょっとピンクがかった赤の大輪をつけます。  そのマリア・カラスが、もう11月に入ろうかというまさに今、我が家で咲…
トラックバック:3
コメント:43

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : ピエール・ド・ロンサール

 美しいです。  この薔薇を見て、薔薇の虜になったという人は少なくないようです。我が家の一番のロケーション ・・・ 南向きの壁の前(北風が当らない)、日当たり良好、軒の下(雨が当らない) ・・・ で生育しています。我が家に入って薔薇の門をくぐった左手にあります。案外気づかない人、いますね。 【写真の撮影データ】 コ…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

宝くじよりも小さな確率

 ゴルフに限らず、スポーツ全般において、試合の結果を後から知っても、なかなか感動に至らないことが多いですね。  やっぱり、スポーツは、生の時間を選手達と共有するってことが大事なんだなぁと思います。直近のところでは、大相撲の琴欧州の頑張り。これも、あとからニュースで見るしかなかったのですが、やっぱり生中継を見たいものです。 …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

【好きな薔薇】 : ホット・ココア

 この色は珍しいですね。作者がこう名づけたのも、全くもってうなずけます。  カタログには「スモーキーなチョコレートオレンジというかつてない花色」・・・と記載されていますが、「スモーキーな」という形容がよくわかりません。Smokedだったらわかります。食いしん坊なので、スモーク・サーモンだとか、スモーク・チーズを思い出しては、な…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

(完) ばらの支柱 : 垣根の再建

 一応、Papalin担当の建設施工は、これで終わりです。  Mylinに、材料を塗料で塗ってもらい、格子がつきました。あとは、アシュピンのママが、剪定を兼ねながら、枝を誘引していく工程に移ります。  それにしても、このポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラーのトゲの凄まじさときたら、本当に悩まされました。手も足も心も傷だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more