テーマ:グルメ

涼しさ

今朝、6時の我が家の気温です。(^-^ ) 【 15℃を切ってますでしょうか。朝露が涼を通り越します。 】 【 これはパプリカなので、aosta、まだ採ってはいけません! 】 【 もう少し熟れさせましょう。Papalin、まだ採ってはいけま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

喜遊曲「燻製」 第5楽章 Spirituoso

というわけで、もうお腹の中にいます。 【カイゼン その1】 ボワモルティエを演奏していたときに店番をしていたaostaが言いました。 「温度計で温度を見るのに、いちいち立って見ないといけません。」 ならば、横につけましょう。(^u^) 【カイゼン その2】 ボワモルティエを…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

喜遊曲「燻製」 第4楽章 Adagio

欧州の音楽には、Adagioで終わる曲はないかも。 ちょっとばっかり、製作の補足説明をしましょう。 板は、ちゃちなものだと反ってしまいます。 一方、立派過ぎますと、収納時など、重くて敵いません。 そこで、僕は厚さ5mmのラワンのベニア板にしてみました。 炭を補充するのに、いちいち燻製箱を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

喜遊曲「燻製」 第3楽章 Allegro con brio

さ~てと、肉を準備するべか。 肉の下ごしらえは、aostaに任せました。 今回は初体験だったようで、書記さんにご指導戴いたようです。 浅利汁のような塩味のスープに拉致されていた肉を救い、 キッチンペーパーでしっかり水分を強奪し、 竹串刺しの刑に処します。市中引き回しはしません。(^_^;) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜遊曲「燻製」 第2楽章 Moderato

あった方がいい、なくてもいい、こんなものを買いました。 これは結構高かったですね。800円くらいだったかなぁ。 この時期、ホームセンターにはキャンプ用品コーナーがあります。 いろいろ物色しましたが、代用できるものを沢山思いつきました。 温度計も棒温度計でこと足りるのですが、ちょっと気取ってみました。 手前にある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

喜遊曲「燻製」 第1楽章 Largetto

えへへ。ベーコンを作るぞ~~~! スタートはこれ! 今朝7時に、24時間開いているスーパーに買出しに行ったのだ。 買ってきたのはもちろん燻製に必要なグッズ。 でも、燻製専用の道具は、足元を見て、値段が高く設定されています。 だから、これを買うのだ~。 aostaは目が点でした。これを何に使うのかって? もち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庄内21 【酒田:最後のお昼ごはん】

お魚料理以外のものという選択肢もあったのですが・・・。 その前に、本当はお昼をここで食べる予定だった相馬楼の続き。竹の下は何? どこでも絵になる、ist君。玄関前でちょっとおすまし。 (^u^) さて、僕が頼んだのは握り寿司。前夜の大和寿司のノドグ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おのぼりさん 【TOKYO HIGHWAY】

日も傾き始めた午後4時。そろそろお暇(いとま)です。 歩き回ったし、のんびりもしたし、食べたし飲んだし。 楽しい連休でした。が、帰りの渋滞は嫌いです。 中山競馬場の脇を通って、いざ京葉道路へ。 首都高速道路に入って、やっぱり混雑しました。 結局、新宿通過までに、2時間近くかかりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WALKING 目的は ウナギ

最近のブログは、食べてばかりだなぁ。たまたまよ。 諏訪湖の出口は釜口水門から流れる天竜川ひとつ。水門脇には鰻屋。 観光客が一杯入っているのは隣の大きなA店。 初めて入った"天龍"の方が美味しかった。酒は岡谷の地酒”高天”。 遊覧船の桟橋の位置が昔とは変わっていました。 あの”白鳥…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

庄内13 【酒田:支那そば】

大和寿司の板さんに教わったショットバーはもう閉店してました。 宿屋に戻って、もう一杯飲もうと思って入ったコンビニ。 僕を待っていてくれたかのようなラーメンが。 買って帰っても今晩は食べられないので、缶ビールだけにしました。 酒田は面白いことを始めたようです。 街の中を自由に乗って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庄内12 【酒田:大和寿司】

秋分の日ともなると、落日は早いのです。 あらま。随分と明るく撮れていますね。酒田市役所前の大獅子です。 1976年。酒田は大火事に包まれました。風に煽られての大惨事です。 この大獅子には、災害よけの願いも込められているようです。 何はともあれ、大和寿司に直行! まずはお任せで、粋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おのぼりさん 【TSUKIJI SUSHI】

昼食後すぐですが、やっぱり食べましょうか? これは、カマと呼ぶのでしょうか? 丸ごと焼いて(もらって)、食べたいですね。 カメラのファイダ越しに涎を垂らしている山の音楽家です。 二人とも飯を食って一時間。小腹も空いていませんでしたが、 やっぱりねぇ、寿司を食って帰らないといけね~…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おのぼりさん 【TSUKIJI JOGAI】

築地? いや、まだ銀座です。 有名ブティックが立ち並ぶ銀座は、やっぱり日本の中心です。 空港のちっぽけなテナントとは違いますね。 実は僕、シャネルが大好きです。特にシャネル・スーツはお気に入り! 銀座から車を止めた新富町に戻るには、 歌舞伎座の前を通るわけで、 ヤマハで待ち合わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やり直し07 【海鮮の昼飯】

いよいよ海鮮尽くしの始まりです。(^_^;) 笹川流れを後にします。 雨が降ってきたこととは関係ありませんが、お腹が空きました。 山形に入るちょっと手前だったかな? 鼻を利かせて食堂に入ります。 山形の言葉には、"ん"で始まる言葉があるんですね。(^-^ ) …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バレンタイン・デー

もう過ぎちゃったけど、明日も"特異日"なので今日中に。(^_^;) この焼酎、半端じゃなく美味い。 40度と、強い焼酎なんだけど、生(き)で飲める。 樽での熟成が、美味さを醸し出すんだ。 強いだけでなく、しっかした輪郭がある。 百年の孤独の定価は2900円。 ところが、田舎では1万円では買えない。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

《栃木の旅》 カントリーハウス パディントン

那須でのお泊りは、メルヘンチックなところを選びました。 食べ放題のお食事も凄かったのですが、イギリスのカントリー風のお部屋が天井が高くて、広くて、くつろげてよかったです。それと驚いたのが、一戸建てのお風呂(ジャグジー)がいくつもあって、入り放題。満足させて戴きました。音楽と写真の共通の話題に花を咲かせました、元気なパディントン・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《栃木への旅》 ジャズとカクテル 宇都宮 3

絵になるとは、こういうことを言うのですね。 バーテンダーは腕は確かでないといけませんが、 イケメンであること、所作も決まっていること、みな大事です。 僕は結構イケルかも知れません。何といっても、イケメンですから。 (。_゜)〃ドテ! (._・)ノ コケ ……(o_ _)o パタッ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

《栃木への旅》 ジャズとカクテル 宇都宮 2

「こういうカクテルが飲みたい!」 元よりカクテルの名前なんて片手も知りませんから イメージを伝えると、彼が作ってくれます。 ちなみにメニューに書かれているだけで楽に100は越えているでしょう。 どうやって覚えるのか尋ねましたら、教えてくれました。 基本的なパターンがいくつかあって、 それらに決め手として何をどう使う…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

《栃木への旅》 ジャズとカクテル 宇都宮 1

宇都宮は別名ジャズとカクテルの街。鶏料理屋での夕食の後は大人の時間。 生のジャズが聴きたかったんだけど、この日はどこも・・・。 それでは、草分け的な店に行きましょう。「パイプのけむり」へ。 静かな店内、低い天井、煙草の煙、小洒落たオーナメント、いい雰囲気! 記念に戴いて帰りたかった品・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《栃木への旅》 いま食べたばかりでしょ!

女性とは神秘的な生き物だと思うのであります。 青竹手打ちラーメンと、結構ボリュームのある餃子をいただいて、小一時間ほど車を走らせ、栃木市に向かいました。全国に、県名を冠した地名があるにも関わらず、そこが県庁所在地ではいないというところがいくつかあります。山梨市とか岩手市とか。ちなみに茨木市は大阪府なので違いますけれどね。栃木県もそ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

《栃木への旅》 佐野ラーメン

初日は宇都宮が目的地だったのですが、なかなか着きません。 足利学校の駐車場脇で、急に訪れた寒さにちょっとひるんだのか、 幾分元気のない山茶花に会いましたが、すぐさま別れを告げ、いざ佐野へ。 佐野ではやはりラーメンを食べたいですね。 佐野ラーメンは、青竹で丹念に打たれた平打ちの縮れ麺ですが、 この麺を作れ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

リアル ハーフ

僕が目の色の違う人と子供を作った・・・ということではありません。 注ぎ方でこうなるんですね。 感動しましたが、味は別々でした。当たり前か。(^_^;) """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" Papalin…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ALWAYS 続・三丁目の夕日

映画を観にいった。夜8時から。「ハウルの動く城」以来だな。(^-^ ) 11月2日夜。何気にテレビをつけたら吉岡秀隆が出ていた。雰囲気からして映画のテレビ放映らしかった。僕はこの昭和のこましゃくれ名子役であり、平成のやさ男を演じたらピカイチと思っている彼には、それとなく一目を置いている。何を隠そう「北の国から」の大ファ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

skittle スキットル

前からずっと欲しかった。 思っていただけでなく、あらゆるところで"欲しい"と言ってた。 携帯酒器と名づけましょうか。 ☆ もらった  形を見たときに、これはスキットルだと思った。  でも定番のいわゆるヒップフラスコとは形が違う。  ヒップのポケットに入れるための気遣いなる湾曲もない。  でも、それと一目でわ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

⑱打ち上げ (オープンガーデン2006)

 オープンガーデン当日の閉園後、今年もやって参りました、オリーブパパさん。 ■■■ テーマ: ⑱打ち上げ ■■■ ■シャンパンを手にして。ごめん、銘柄は思い出せませんが、お高いシャンパン。やっぱり美味し~~~ぃ。疲れた身体に染入ります。  お車で来られて、飲めなかったスタッフの皆さん、ごめんなさい。またちゃんと…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

⑮ケーキと飲物の接待・容器 (オープンガーデン2006)

 どうでしょう、これは素晴らしかったのでは? ■■■ テーマ: ⑮ケーキと飲物の接待・容器 ■■■ ■ケーキは私は食べ損ねてしまいました。でも、カットしたあとの尻尾を頂きました。私が頂いたのは、フルーツケーキでしたが、とても美味しかったです。クララさん、aostaさん、オリーブママさん、本当にありがとうございました。…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

飲みくらべ

 Mamalinが珍しく、珍しいビールを3本買ってきました。  何れもキリンさんでした。3本とも、半分ずつ分け合って飲むことにしました。まずmamalinが芳醇を選びました。名前からして、コクはありそうだけど、キレがないかなと思っていまて、口に含んで飲み込んだ感じはまさにその通り。でも、そのうちにホップの香りと味わいがプワ~って口…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

とうもろこし

 キャンベラという種類が美味しいんです。  あなたは、トウモロコシを生で食べたことがありますか? このキャンベラという品種は、とても糖分が高いのです。トウモロコシをもいで、その場で皮をむいてかじりつく。もう10年くらい前になりますか、以前借りていた畑のオーナーから教わりました。初めて生で食べたときは、物凄く抵抗がありましたが、その…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

自家製 ローズ・ジャム

 Mamalinのブログで先を越されてしまいました。  先日の朝、切り取られているたくさんの薔薇を見ました。当然、ジャムにするのだろうと思っていました。僕も花弁の摘み取りを手伝ったので、一応共同制作ということになります。(笑)  花弁は、薔薇の種類ごとに、ピンク~赤系統の薔薇と、オレンジ~黄色系統の薔薇と、二つに分けました。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ミツバチの養蜂

 近くの別荘地で定住され、養蜂を楽しんでいらっしゃる方と会えました。  実は前々からお会いしたいしたいというリクエストを出していたのです。というのは、ほかでもない、Mamalinの壮大な計画の中での次の一手が、ローズ・ガーデンを活かしたミツバチの養蜂なのです。これだけお花が咲き乱れていますから、薔薇の蜜が採れるのではないかとふんで…
トラックバック:0
コメント:47

続きを読むread more