テーマ:

金環日食

51年の人生で、初めての経験でした。 私はちょうど車での通勤の最中に、金環になる瞬間を迎えました。 ここ長野県の真ん中あたりでは、7時30分前後が金環になるときでした。 道路わきに車を止めて、運転席から撮影したのが、この写真です。 7時31分くらい、まさに金環の瞬間の写真です。 はい、すみません…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

開花宣言 "クロッカス"

咲きましたよ。 今年もちゃーんと咲いてくれました、アルペン・サフラン・クロッカス。 昨日咲いたのですが、今朝は雨に濡れて閉じちゃいました。 2011年は、3月29日に咲いていました。 2010年は、3月18日に咲いていました。 今年の開花日は3月30日。 寒さが続き、雪が多かった割りには早かっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

開花宣言 5 "サンシュユ"

第7・8号の登場です。春爛漫っす! サンシュユ。毎年、ちゃんと咲いてくれます。 親はなくとも、子は育つ。 子育て中の親は忙しいですからね。 桜もそうなのですが、 太い幹から、ちょこんと顔を出した花が 何とも好きで、ついつい撮ってしまいます。 主役(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開花宣言 4 "マグノリア"

第6号の登場です。春です! 我が家で最も早く花をつける木は、サクラではなく、マグノリアです。 去年の秋に、下枝を払ってスッキリさせました。 花が皆んな北側を向いて咲いています。 何故でしょう? 今年はじめてこの傾向に気づきました。 去年の秋に遣り残した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開花宣言 3 "チオノドクサ"

第4号、5号が登場しました。春です! 毎年、顔を見せてくれる、チオノドクサ。 今年は随分と数が増えたように思います。 このトウシューズみたいな形が好きです。 ちょっとピンボケだね。ごめんよ、良く見えないんだ。 開く前は、色が濃いんだね。 そういえば、マグノリアも蕾には淡い褐色が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メモリアルな日

【 帰宅してから 頭を垂れました。人の営み。 】 【 母の七回忌だったのですね。 】 【 愛した人、この世では会えなかった嫁に囲まれて・・・。 】 【 前住職から ねんごろな言葉を頂戴しました。 】 今日は、あなたのことを思って・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

開花宣言 2 "スミレ"

第2号、3号も登場です。 ひょこりと、スミレが咲いていました。 八ヶ岳周辺は、自生のスミレが多いのだそうです。 フキノトウの初物を見つけて食べたのは、一週間くらい前でしたっけ。 やっと我が家の庭でも、第1号が枯れ草の下で顔を出していました。 バイオレット色…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

開花宣言 "クロッカス"

咲きましたよ。 今年も、ちゃーんと咲いてくれました。 東京のソメイヨシノの開花と同時期なんですね。 去年は、3月18日に咲いていました。 今年は11日も遅れました。 正直、気が気でありませんでした。 毎年顔を出すのは、このチューリップ。 遅霜にやられちゃうのは、今年も一緒かな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花フェスタのエントランス

バラクラの一週間前、花フェスタ記念公園に行きました。 ネットで見ますと、薔薇はまだ咲き初めという情報でしたが、 東京よりも遠いけど、行くと決めたら200kmでも走っちゃうわけでして、 行ってきました~っ! 薔薇自体はどこでも見られますから、 むしろ楽しみたかったのは、今年の散策のテーマは、 薔薇が咲きだす前の早春…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラクラのエターニティ

バラクラの永遠性はどうだろうか。 庭として、この庭はずっと残るのだろうか。 素敵な庭なので、残してほしいと思っています。 そのための原資となる、苗やグッズの類。 市価よりもはるかに高価であることはみな承知です。 大型バスでの観光客が絶えないうちはいいでしょう。 飽きられない工夫を続けていってもらいたいものです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラクラのイメージ

バラクラのイメージが少し変わった。 イングリッシュ・ガーデンと銘打っているから、 どうしても本場英国の庭と比較してしまいます。 でも、ここは高温多湿は日本なんですね。 そのことを加味しての植栽。 本場とは雰囲気が異なりますが、 それはそれでいいんじゃないかと感じました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラクラのカラー

バラクラの色使いについては? 黄色がポイントとして使われているように感じましたが、 こんな極彩色のコーナーも、嫌味を感じないのはなぜでしょう。 大胆な色使いなのですが、これもセンス・・・かな? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラクラのセンス

バラクラ・イングリッシュ・ガーデンのセンスはどうだろう。 様々なコーナーがありますから、 色々な試みができますね。 センスは悪くないと感じました。(^-^ ) シャクヤクの群生の中に植えたチューリップ。 ガーデナーのセンスを感じました。(o^<^)o …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラクラのプリマベッラ

長野県人フリーパスデーの割には、お客さん少なかったなぁ。 何年振りかで訪れましたが、 細部まで手が行き届いていて、 春の美しいペレニアル・ガーデンでした。(^-^ ) 標高が我が家と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラクラのチューリップ

5月22日。バラクラ・イングリッシュ・ガーデン 長野県人フリーパスデー。 いろんなチューリップを見ました。 へぇ、これがチューリップかいなというような いろんな品種があるのですね。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

他人の空似

こいつら、遠い親戚だぜ。 (o^<^)o """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、 このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月2日 庭園美術館 4

庭園美術館には、和風庭園がありました。 僕は写真を撮るときに、季節をものすごく意識します。 この画角で撮る風景が、神無月にはきっとこうなっているだろう。 それは、撮影者の密かな楽しみでもあります。 当然ながら、東屋があります。 茶室にしては大きな屋形です。 きっと庭の広さと似合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月2日 庭園美術館 3

庭園美術館の庭園に出てみました。 目に飛び込んできたのは、この奇怪な形をした植物でした。 はたしてこの先には一体何が潜んでいるのだろう? そんな期待をもたらしてくれたのですが、その先は割りと普通。 向こうに高層ビルが顔を出しているのがまた面白い。 眩しいほどの藤の花も満開です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

5月2日 庭園美術館 2

3時間まで1000円の駐車場に車を留めて・・・ 東京都庭園美術館は、建物が素晴しいから、 玄関から見渡す風景も絵になります。 樹木が都会の高層ビルヂングを完全に遮断しています。 同じような寄せ植が、他の場所にあったなら、 そんなに愛おしくは感じないかもしれません。 間違いなく雰囲気…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

5月5日 桜の開花

我が家の桜、ゴールデンウィークに開花しました。 1日に数輪が咲き始め、こどもの日には満開近くに。 今年はちょっと変でした。花だけつける枝と、 花をつけずに葉を開かせようとする枝と。 四月の気候がいつもと違ったせいでしょうか。 平均気温は1.5度ほど低かったようです。雪も積もりましたし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月4日 敷石の設置

ガゼボに食事を運んだりするのに、足元がちょっと・・・。 というわけで、またまたJマートに行って、御影石をゲットしました。 母屋とガゼボの間を何回か歩いてみて、 飛び石は10個あればいいと思いました。 しかしながら、念のためaostaにも歩かせてみないと。 ということで、試歩してみます…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月3日 テーブルの塗装

ガゼボのセンターに設置しているテーブルも、だいぶ古くなってきました。 またまたJマートに行って、ペンキをゲットしました。 色は迷いましたが ・・・ 大胆に、ブリックレッドに決めました。 御柱で忙しくて、昨日は作れなかったという、 柏餅もゲット。僕は普通の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月2日 庭園美術館 1

朝9時。思いついたように「東京に行こう!」 リコーダーを手に入れたあとは、連れの希望を叶えに、 東京都庭園美術館を訪れました。 展覧会が開かれていて、入場料は1100円。 ですが、観たかったのは建物と庭園でした。 東京は5月初旬と11月初旬が好きで…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

通い道39 「御柱」 休憩処

通い道38では、前宮一の木落し後をご覧戴きました。 御柱は木落しのあと、メドテコを外し、JR下のガードを通過します。 広い道に出て再びメドテコを装着し、今度は宮川を川越しします。 川越しを行なった宮川の対岸、安国寺前に一ヶ月安置されます。 私たちの地区が担当する前宮四の柱は、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月1日 ガゼボの修理

8年前のGWに製作したガゼボが、だいぶ弱ってきました。 弱ってきたというよりも、その機能を果たさなくなっていました。 つまり、床が抜けそうな状況です。 塗装したコンパネも、風雪にさらされてボロボロですね。 ここ3年ほど放って置かれたので、コケまで生えちゃったりしてます。 【 ボロボロになった ガゼボの床 】…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「御柱」 本宮五 演奏会

御柱を観に行ったあとは、地元のケーブルテレビで観覧しました。 【 地元のケーブル・テレビも、3つのチャネルで別々に放送してました 】 そう、リコーダー・アンサンブルをするために、帰宅したんです。 テナー・リコーダー3本という、面白い編成でのアンサンブルでしたっけ。 【 おなじみ 左から、ichiさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通い道38 「御柱」 前宮一 木落し!!!

通い道37では、前宮一の木落しをご覧戴きました。 上川側に大きく傾いた前宮一の柱でしたが、 メドテコ衆の必死の建て直しで、元の美しい姿を取り戻します。 大きな獲物に群がる蟻の軍隊のように見えるのは Papalinだけでしょうか? 本宮一の柱には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通い道37 「御柱」 前宮一 木落し!!

通い道36では、前宮一の木落し坂の様子をご紹介しました。 それでは、前宮一の柱の雄壮な木落しをご覧戴きましょう。 木落し後の前宮一、書くかもしれません。 ではまた。(^-^ ) """"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通い道36 「御柱」 前宮一 木落し!

通い道35では、本宮一の木落しをご紹介しました。 本宮一の柱の木落しが終わりますと、 次には前宮一の柱が木落し坂に進んできます。 本宮一の木落は、「関係者以外立ち入り禁止」の ロープを挟んで「観光客エリア」で見ました。 次は、「関係者モード」での御柱祭です。 僕らも、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more