T.ヴィクトリア / 【聖週間のための聖務日課】:枝の主日

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Tomás Luis de Victoria (c1548-1611) / Officium Hebdomadae Sanctae: "Dominica in Ramis Palmarum"
URL : http://papalin.yas.mu/W056/#M001

  ◇公開日: 2018年9月22日
  ◇演奏時間: 10分40秒
  ◇録音年月: 2018年9月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




ルネサンス音楽の時代のスペインにおける偉大な作曲家の作品を演奏してみたくなりました。季節は聖週間ではありませんが、ヴィクトリアの音楽はパレストリーナよりも、もう少し人間側にいる音楽の様な気がします。


楽譜は こちら から借用しました。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          鈴木            ボックスウッド
   テナー          竹山            メイプル
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

"T.ヴィクトリア / 【聖週間のための聖務日課】:枝の主日" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント