◆IL DIVO◆ フランシス・レイ / 白い恋人たち [yuriさん編曲]

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Francis Lai (1932-) / Treize Jours en France (arr.by Yuri & Papalin)
URL : http://papalin.yas.mu/W702/#M012V04

 
  ◇公開日: 2013年12月24日
  ◇演奏時間: 2分34秒 * 2
  ◇録音年月: 2013年12月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




yuriさんから、アレンジ・レッスンの依頼がありました。
『白い恋人たち』(フランシス・レイ)、思い出の曲だそうです。

ご自分で、リコーダー3重奏(AAB)にアレンジされた楽譜を
送って下さいました。メロディからバス・パートを作成される
のに苦労されたようですが、まんざらでもありませんでしたよ。

バス・パートに関しての私からのアドヴァイスは、なるべく自然な動きにしてあげること、音が行きたいところへ無理せず行かせること・・・でした。

そして、A/A/Bという編成で、旋律を除いた伴奏のA/Bの2つの音を最大限活かすこと。オクターブで同じ音を使うのは"特別な効果"がほしいときですので出し惜しみしましょうとか、ここぞというときに、レとミとファを同時に鳴らすなんてこともありですとか、そんなことでした。

yuriさんのオリジナル・アレンジと、yuriさんのアレンジを活かす形で私がいじったものを載せました。楽譜が載せられないのでもどかしいのですが、こんなアドヴァイスを差し上げました。
秒数は再生時に通過するおよその時間です。

 1) まず、私の知っている旋律と、終止前1小節の音が違いましたので直しました(40秒等)。
 2) 9-14秒では上二本が動くので、バスは付き合わせない方がすっきりします。
 3) ついでに11秒のA2の最後の音を半音下げました。前後と合うでしょ?
 4) 旋律に入る前の14-15秒は、伴奏に動き(音符と休符)をつけました。
 5) 対旋律のA2の19秒では、以降全般に渡ってバスの音との関係を見直しました。
 6) 28秒では和音を変えて、終わりたくない感じにしました。
 7) 30秒以降のバスの3拍目裏は、裏音なので軽くしてみました。
 8) 40-42秒のバスにも動きを持たせて、続く感じを出しました。
 9) 43秒からのバスに自然な流れを主体に、ここぞというところはハッとする音を使いました。
10) 54-55秒の下二本は、お洒落な音に変えました。
11) 1:06-1:09も下二本をちょっと音楽的にしました。
12) 1:09からは良いと思います。バスに若干手を入れた程度です。
13) 1:22からは、バスの動きを自然な形にしました。
14) 2:26では、本当の終止感を出すために、バスを工夫、動きを抑えました。



楽譜は、yuriさんが作成したものを使用しました。



使用楽器

   アルト          メック           オリーヴ
   バス           ヤマハ          メイプル



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

"◆IL DIVO◆ フランシス・レイ / 白い恋人たち [yuriさん編曲]" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント