◆IL DIVO◆ ヒンデミット / プレーンの音楽の日「夕べの音楽会」 トリオ [442Hz A]

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Paul Hindemith (1895-1963) / Plöner Musiktag, D: Abentkonzert 5: Trio for Blockflöten (1932) [A=442Hz in A]
URL : http://papalin.yas.mu/W215/#M009

 
  ◇公開日: 2013年10月02日
  ◇演奏時間: 9分23秒
  ◇録音年月: 2013年10月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




テイク2まで演奏しますと、やはりヒンデミットが耳にした原調での演奏をしたくなります。手元の楽譜は原調を短3度上げたものなので、いつもなら得意のヘ音記号読み・・・という技が使えるのですが、調性のはっきりしないこの曲では、臨時記号が多すぎてギブアップです。そこで楽譜作成ソフトで作られたファイルを取り寄せ、調性一発変換で、にわか楽譜を作って演奏しました。

ヒンデミット自身がこの曲を演奏したとのことですが、興味深い一文がありましたね。それは「当時一般的だったA管アルトと、2本のD管テナーで演奏した」ということです。なるほど、それらの楽器で演奏したら、運指もよりスムーズになるなぁと思いました。私は楽器を持っていませんので、F管アルトと2本のC管テナーで演奏しました。テンポはこのテイク3がヒンデミットの指定テンポに一番近いでしょう。落ち着いた雰囲気になりましたね。

音が間違っていましたら、ごめんなさいします。



楽譜は、Schott社のED 10094-01を使用しました。ヒンデミット全集に基づく版は、こちらにあります。


使用楽器

   1st   アルト      メック      オリーヴ
   2nd   テナー      全音      チェリー
   3rd   テナー      全音      チェリー




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

"◆IL DIVO◆ ヒンデミット / プレーンの音楽の日「夕べの音楽会」 トリオ [442Hz A]" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント