◆IL DIVO◆ ジョン・ダンスタブルの作品 (3/3)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
John Dunstable (Dunstaple, c1390-1453) works (3)
URL : http://papalin.yas.mu/W036/#M007

 
  ◇公開日: 2012年12月12日
  ◇演奏時間: 3時間36分41秒
  ◇録音年月: 2012年12月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




ダンスタブルの作品の演奏に、3時間半もかかるとは思いませんでした。
それでも楽譜が手に入る曲を全て演奏してしまったのは、ダンスタブルの音楽に魅力を感じるからです。

音楽がよく考えられているなぁと感じます。

大抵の曲は3拍子で始まり、途中に4拍子または2拍子(alla breve)を挟み、
最後はあたかも18世紀のソナタ形式での再現部であるかのように、また3拍子で終わる・・・。
ダンスタブルという人は、形式を重んじた人だったのかも知れませんね。

そしてノートルダム楽派のペロタンなんかを別とすると、
ダンスタブルの曲は非常に長いのも特徴の一つだと思います。

本を読んでいるとき、いやそれだけではなくて演奏をしていないときには、
ダンスタブルのページの音楽を流しています。

気持ちがいいです。


ということで、これで中世の音楽が大体終わったと思います。まだ出てくるのかなぁ・・・?



楽譜は、IMSLPから借用致しました。なかなか見ごたえのある(?)楽譜たちです。(^_^;)



編成 と 使用楽器 (A=440Hz)

   アルト        メック             オリーヴ
   テナー       全音             チェリー
   バス         ヤマハ            メイプル
   グレートバス    キュング           メイプル
   コントラバス    キュング           メイプル

   歌          Papalin




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

"◆IL DIVO◆ ジョン・ダンスタブルの作品 (3/3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント