◆IL DIVO◆ ジョン・ダンスタブルの作品 (2/3)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
John Dunstable (Dunstaple, c1390-1453) works (2)
URL : http://papalin.yas.mu/W036/#M007

 
  ◇公開日: 2012年12月06日
  ◇演奏時間: 2時間16分8秒
  ◇録音年月: 2012年12月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




ダンスタブルの音楽は、よく考えられているなぁと感じます。
無理やり技法に押し込むようなことはなく、音が行きたい方向に進んでいく、他の声部も自然と足を運んでいるように感じます。というわけで、結構お気に入りです。

カテゴリーでは、GからMまで演奏し終えました。演奏時間も前回のちょうど倍となりましたので、ここでまた一つブログを書くことと致しましょう。

中世音楽に続くルネサンスの音楽における一つの特徴とされているヘミオラが、すでに登場しています。こうして歴史を辿るように演奏ていますと、どこで特徴ある音楽が登場したのかが手に取るように分かるので面白いですね。

最終曲のミサ曲(グロリア、クレド、サンクトゥス、アニュス・デイ)ですが、なぜ最初のグロリアだけ4フィート・アンサンブルで演奏してしまったのか、自分でも腑に落ちません。バス・リコーダーと2本のグレートバス・リコーダーでの8フィート・アンサンブルがいい音をしているように思うのですが・・・。

歌ってみた曲もあります。



楽譜は、IMSLPから借用致しました。なかなか見ごたえのある(?)楽譜たちです。(^_^;)



編成 と 使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ       モーレンハウエル     メイプル(キンゼカー)
   アルト        モーレンハウエル     メイプル(キンゼカー)
               メック             オリーヴ
   テナー       モーレンハウエル     メイプル(キンゼカー)
               全音             チェリー
   バス         ヤマハ            メイプル
   グレートバス    キュング           メイプル
   コントラバス    キュング           メイプル

   歌          Papalin




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

"◆IL DIVO◆ ジョン・ダンスタブルの作品 (2/3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント