◆IL DIVO◆ ジョン・ダンスタブルの作品 (1/3)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
John Dunstable (Dunstaple, c1390-1453) works (1)
URL : http://papalin.yas.mu/W036/

 
  ◇公開日: 2012年12月06日
  ◇演奏時間: 1時間8分12秒
  ◇録音年月: 2012年12月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




西洋音楽において、それまでの中世の音楽からルネサンス音楽に橋渡しをした人の作品です。

私の音楽室のページでは、ダンスタブルという人とその音楽について書いていますが、その音楽を耳で聴いて理解できれば、それが一番いいのではないかと思います。かつ、それを行うには、ある程度の数と量の曲を聴いてみるのがいいと思います。そんなことを考えながら、楽譜の公開サイトであるIMSLPを覗いてみましたら、ありました、かなりの数が。(^_^;)

さてどうやって演奏していきましょうか。そこで今回初めて採用(?)してみたのが、曲名順の演奏と掲載です。とりあえずAからDまでの曲を演奏しましたので、ここで第一弾としてブログにしたいと思います。

冒頭の"Agnus Dei"から、『これは今まで演奏してきた古い時代の音楽とは異なるぞ。』という感じがしました。何曲かを演奏してみて思うのは、どの曲も硬直とした中世の響きが基盤としてあるものの、その中に現代人である我々がホッとするような柔らかなルネサンスの響きが宿っていることです。そう感じさせる所以が、3和音を使い始めた曲(作曲家)であるということなのでしょう。

ただ、演奏していて一曲だけ違和感を覚えました。それは"Chanson"という曲です。『これって本当にダンスタブルの作品なのかなぁ?』 そう思って演奏後にIMSLPのページをよく読んでみましたら、これは怪しいとちゃんと備考に書かれていました。オルガン曲というのも懐疑的だとする根拠の一つのようです。第一、他の曲とは音も曲想も違いますよね。この曲だけ浮いていますが、せっかく演奏したので、注釈付きでそのままにしておきます。



楽譜は、IMSLPから借用致しました。なかなか見ごたえのある(?)楽譜たちです。(^_^;)
過去に演奏したものの再掲載もしています。そのソースはChoralWiki等です。



編成 と 使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ       モーレンハウエル     メイプル(キンゼカー)
   アルト        モーレンハウエル     メイプル(キンゼカー)
               メック             オリーヴ
   テナー       モーレンハウエル     メイプル(キンゼカー)
               全音             チェリー
   バス         ヤマハ            メイプル
   グレートバス    キュング           メイプル
   コントラバス    キュング           メイプル




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

"◆IL DIVO◆ ジョン・ダンスタブルの作品 (1/3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント