◆IL DIVO◆ モーツァルト / ディヴェルティメント 第11番 K251

≪生演奏を公開しています≫

画像
W.A.Mozart / Divertimento No.11 K251 (org. D-major)
URL : http://papalin.yas.mu/W203/#M009

  ◇公開日: 2011年8月4日
  ◇演奏時間: 21分
  ◇録音年月: 2011年8月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



2、3年前の我が家での笛の夏合宿のときに、
持参して下さったのですが、演奏できなかった曲。

「楽譜を置いて行けば、Papalinさんがいつか
一人で演奏するでしょう。」と仰って、
yasさんが置いていかれた楽譜・・・。

演奏してみました。


と、それは事実なのですが、いつもコピペで書いていますと、ichiさんでなくとも怒られそうですので、少しちゃんと書いてみたいと思います。


このところずっとバッハのコラールを演奏していて、モーツァルトが気掛かりでした。というか、モーツァルトに対して、後ろめたさのようなものを感じていました。ちなにみ、こういうときにベートーヴェンは登場しません。(^_^;)

そういえば、yasさんが置いていかれた楽譜があったことを思い出し、探し当てました。これだ!ってね。

楽譜はオリエル・ライブラリのリコーダー・アンサンブル用に編成されたものです。編成はSn・S・A・A・T・Bの6重奏です。原曲はニ長調ですが、編曲譜は1音下げてハ長調で書かれています。キャリィの曲を演奏していたときも思いましたが、リコーダー用に書かれた楽譜ってとっても楽です。楽というのは演奏が楽ということではなくて、頭で何も変換しなくて演奏できるということです。ちなみにこのディヴェルティメントは、弦楽(+α・・・オーボエとフレンチ・ホルン)のために書かれた曲なので、オリジナルだとヴィオラのハ音記号が登場します。そしてフレンチ・ホルンのパートは移調譜です。今回はまだパート譜がありましたが、ピアノ曲の楽譜だとパート譜なんてありあません。楽譜を見て頭で変換する必要がないのですから、こうしたリコーダーの為の譜面はありがたいと思いながら演奏するようになりました。言わずもがなですが、楽譜の読みの難しさと曲の演奏の難しさは別問題です。

さてオリエルのこの楽譜は、当然の事ながら、4フィート・アンサンブル用に書かれています。ですが、なるべく原音に近く --- 移調しているので、原音では演奏できません --- 演奏したいと思いまして、オクターブ下げて8フィート・アンサンブルで演奏することにしました。一旦決めたら実行するのがPapalinです。しかし、しかし、1楽章のMolto Allegroを演奏している最中に、大変な選択をしたものだと悟りました。それからは、とにかく妥協せずにやり遂げる! それが目標になりました。

8フィート・アンサンブルを選んだことによって、私の中でテンポに対するクライテリアがより高くなりました。テンポの話が多くて恐縮ですが、演奏できるかできないかは全く考慮に入れず、楽譜をみてまずテンポを決めます。そして、そのテンポで演奏できないところは、何回か練習します。目標ができますと、練習するものですね。


さて、今回のディヴェルティメントで、モーツァルトとの距離がちょっと縮まったような気がしています。モーツァルトは、これらの曲をどう演奏したのでしょう? 間違いなく(と言いながら推測でしかありませんが)、現代のテンポは高速だと思います。ちなみに全曲演奏してから、ブリリアントのモーツァルト全集CDの演奏時間を見てみました。CDを聴かないところが如何にもPapalinらしいです。そうしたましたら、1楽章は私よりも幾分速かった。5楽章は私よりも遅かった。あとはほぼ同じ演奏時間でした。現代人である私は、アップ・テンポにかなり慣らされているのでしょうね。「疾走するモーツァルト」という言葉が頭にあります。その言葉が拭えないPapalinでもあります。でも、今生きている私のモーツァルト感はこうです・・・という演奏ができたと思います。モーツァルトはどう演奏したのかな。それは非常に興味があるところですが、今となっては聴くことができません。残念です。

4楽章のメヌエットだけ、メックのテナーを使ったのは理由があります。他の楽章では、トップがアルト。アルトを前面に出したいがために、テナーは全音のチェリーを選択しました。ところが4楽章のバリエーションでは、テナーがメインになるのですね。途中でそれに気づいた私は、躊躇なく私が持っているソロ楽器であるメックのオトテール・モデルを選びました。そういう理由ですので、5、6楽章ではちゃんと(?)全音の楽器を使いました。

そうそう、4楽章は基本となるテーマがあって、3つのバリエーションが間に挟まる構成(つまり4+3の7部構成)です。間に挟まる部分は、コレルリやヴィヴァルディで言うところの言わばSoliの部分で、大元のテーマの部分がTuttiになります。Tuttiは6重奏、Soliは4重奏で編曲されているのですが、私は今回Soliの部分でバス・パート(すなわちコントラバスのパート)を演奏しませんでした。SoliとTuttiの対比がより鮮明になったように思うのですが、如何なものでしょう。


モーツァルトのディヴェルティメント、ナンネルのために書かれたという、こういう曲が好みです。


楽譜は、こちらのようです。ちなみに原曲の楽譜はこちらです。ニ長調の方が良さそうですね。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



曲目

   1. アレグロ・モルト    Allegro molto
   2. メヌエット        Menuetto
   3. アンダンティーノ    Andantino
   4. メヌエット        Menuetto (Tema con Variazioni I-III)
   5. ロンド          Rondo (Allegro assai)
   6. フランス風 行進曲   Marcia alla francese




使用楽器 (440Hz)

    アルト     メック     オリーブ
    テナー     全音      チェリー
             メック     ボックスウッド(オトテール・モデル)  (*4楽章のみ)
    バス      メック     メイプル
    グレートバス キュング   メイプル
    コントラバス  キュング   メイプル






"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

"◆IL DIVO◆ モーツァルト / ディヴェルティメント 第11番 K251" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント