◆IL DIVO◆ バード / 5声のイン・ノミネ

≪生演奏を公開しています≫

画像
William Byrd (1540-1623) / In Nomine a5
URL : http://papalin.yas.mu/W051/#M025

  ◇公開日: 2011年4月24日
  ◇演奏時間: 11分25秒
  ◆録音日: 2011年4月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



エオリアンさんのサイトに、
イン・ノミネの楽譜がありました。
数は5つ。触手は動きます。

ミサ曲は優等生ならざるを得ないとして、
今回演奏したようなイン・ノミネだと、
バードも遊び心を音にしています。

例えば、しばらく演奏してきたグリーグの作品。
グリーグの才覚溢れる多彩な音や和声は、
しばしばジャズをも連想させる音です。
しかし、バードのような明らかに"ぶつけてくる"音は
グリーグの音楽にはありません。
否、それはグリーグに限らず、ひょっとしたら
モーツァルト以降の作曲家はみなそうかもしれません。

ルネサンス時代の音楽の特徴として、こうした"遊び"が
一つの手法や流儀や、当時の流行だったのかも知れません。
決してお茶らけた感じではなく、高尚な遊び・・・と感じます。

その"遊び心"ですが、具体的には時々現れる不協和音のことです。
協和音で書けるところを、あえてこうした音でぶつけてくる。
これは演奏者に対する挑戦でもあると思うのですね。

協和音が響かないようなアンサンブル(演奏集団)だと、
正しい不協和音や、ぶつかる音は表現できません。

そこが肝です。



楽譜は、エオリアンさんから借りました。


Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


使用楽器 (440Hz)

    ソプラノ      モーレンハウエル   グラナディラ
    アルト       メック           オリーブ
    テナー      全音           チェリー
    バス        ヤマハ          メイプル
    グレートバス   キュング         メイプル
    コントラバス   キュング         メイプル





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

"◆IL DIVO◆ バード / 5声のイン・ノミネ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント