◆IL DIVO◆ バード / 5声のミサ曲

≪生演奏を公開しています≫

画像
William Byrd (1540-1623) / Mass for Five Voices
URL : http://papalin.yas.mu/W051/#M023

  ◇公開日: 2011年4月24日
  ◇演奏時間: 19分34秒
  ◆録音日: 2011年4月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



これも、ichiさんからのリクエスト曲です。

一つ前の「4声のミサ曲」で、
リコーダーが思いっきり湿ってしまいました。
昨日はそれ以上の演奏はあきらめ、ました。
ブロックは乾いたかのように見えましたが、
状況は殆ど変わらず。いきなり詰まります。

ずっとこうなのかなぁと懸念しております。
擦れっぱなしのテナーがむせび泣いています。


さて、5声のミサ曲は8フィートの楽器で演奏することに決めました。こうした想定外のアクシデントも影響がないわけではないのですが、それより、深い音を出してみたくなりました。折角だから、テナーとバスはキンゼカーを使いましょう。グレートバスとコントラバスは、インチキ(ヴォイス・チェンジャーの使用)はせずに、キュングのそれぞれの楽器でリアルの音で演奏演奏しました。

以前もそうだったのですが、この組合せ、実はピッチに重要な問題を抱えています。アンサンブルでは、最もピッチの低い楽器を元気良く吹いて(^_^;)、そのピッチに他の楽器を合わせます。今回の組合せでは・・・というか、キンゼカー・モデルのバスがかなり低いのです。だから録音でも、バスから始めるようにしています。本来は、もっとも音程に信頼のおける(ようになった)楽器から始めたいのですが、バスと他の楽器との差は大きく、キンゼカーのセット4本で演奏するときも、他の3本は継ぎ目を1~3mmも抜きます。でもって今回は、コントラバスとグレートバスは、一箇所では賄いきれず、2箇所を抜きました。音階のバランスは著しく乱れますが、音程はその状態で作っていくしかありません。グレートバスで計12mmくらい、コントラバスに至っては20mmも開けました。かなり疲れました。ルネサンスのコンソート・タイプのリコーダーは大人買い(セット買い)をしなさいという理由が実感として飲み込めたというわけです。



曲自体は、申し分なく素晴しいです。

アニュス・デイで、聞き覚えのあるキリエ・エレイソンのメロディが再登場します。なぜかホッと心が落ち着くのですね。これは音楽を作るときの一つのテクニックで、後年のクラシック音楽作曲家もよく用いています。
提示して、展開して、再現して・・・。

色々な調での楽譜がありますが、私が使ったのはニ短調(フラット1つ)の楽譜です。最低音パートの音域を見て、最低音がFを下回る楽譜は使いません。歌だとまた違うのででしょうね。ちなみに一つ前の4声のミサ曲もフラット1つの楽譜を使いましたが、これだとバス・パートが高すぎて、男声での声楽アンサンブルには向かないでしょう。この5声のミサ曲でも、最低音パートはやや高めの音域でした。リコーダーだと、S・A・T・T・Bの編成になります。


演奏は、段々と良くなったということと、3声が★3つ、4声が★4つなので、★5つです。


楽譜は、エオリアンさんから借りました。
歌詞がついてないので、ちょっと困りましたが、それはエオリアンさんのポリシーです。
ということで格納場所がエオリアンさんのところ(W205)だったわけです。


Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


使用楽器 (440Hz)

    テナー      モーレンハウエル   キンゼカー・ルネサンス・モデル
    バス       モーレンハウエル   キンゼカー・ルネサンス・モデル
    グレートバス   キュング        (キンゼカーっぽいフォルムです)
    コントラバス   キュング        (キンゼカーっぽいフォルムです)





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

"◆IL DIVO◆ バード / 5声のミサ曲" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント