◆IL DIVO◆ ヴェルディ / レクイエム

≪生演奏を公開しています≫

画像
Verdi / Requiem 1.Requiem
URL : http://papalin.yas.mu/W505/

  ◇公開日: 2011年2月23日
  ◇演奏時間: 1時間26分39秒
  ◆録音日: 2011年2月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ヴェルディのレクイエムのLD
(レーザーディスク)を持っています。

それときっと同じものだと思いますが、
DVDでも発売されているようです。




   ・ヴェルディ:レクイエム(死者のためのミサ曲)

      レオンティン・プライス(ソプラノ)
      フィオレンツァ・コッソット(メッゾ・ソプラノ)
      ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)
      ニコライ・ギャウロフ(バス)
      ミラノ・スカラ座合唱団
      合唱指揮:ロベルト・ベナーリオ
      ミラノ・スカラ座管弦楽団
      指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

      収録:1967年1月14&15日 ミラノ・スカラ座


カラヤンは晩年、自らの芸術を残すことを目的としていました。
この演奏は、映像として残すために収録されたものですが、
とにかく4人のソリストが素晴しい。なんと、みな30代!
一流の歌い手とは、この人たちのことをいうのでしょう。

私が、フィオレンツァ・コッソットという歌手を知ったのは、
このLDでした。以来、ソプラノのマリア・カラスと共に、
私の中での女声歌手の2トップとなり、それは今でも変わりません。
何が凄いかって、その全てなのですが、とにかく声がスバ抜けて素晴しい。

もし興味がおありでしたら、このDVDを観て(聴いて)下さい。ステレオです。
歴史モノですから、音と映像がズレている・・・なんてことは、どうでも良いことです。


でもって、ヴェルディのオペラに続いて、久しぶりにコッソットを堪能しておいりましたら、
やめておけばいいのに、私も歌いたくなってしまったのです、ヴェルディのレクイエムが。
録音は冒頭部分のみですが、後半に登場するアカペラのところ、最高ですね。(曲が)

ということで、冒頭の部分、ちょっとだけです。
冒頭のコントラバス・リコーダーのソロ、音域外の低音(E)も聴きどころです。(^_^;)




と書いたのですが、やっぱりソリストが登場しないと、しまらないです。
続きも演ってみましたが、コッソットには敵わないです。当たり前です。


と書いたのですが、やっぱり2曲目以降も"聴きたく"なりました。
続きもぼつぼつ演奏しています。


と書いたのですが、とりつかれたように、突っ走りました。
この後の脱力感が恐いです。いつものことですが・・・。


不思議といいますか、ヴェルディが拘ったところ・・・
きっとそれは、ラクリモーサに、たった一回だけ出てくる"Amen"。


歴代の著名な作曲家は、この"Amen"を重厚長大にすることで
神に対する従順な姿勢を示そうと、それを実践してきました。
しかしヴェルディは、たった一回しか"Amen"を登場させません。
それも、合唱にGの音でユニゾンで歌わせるだけ。
こんなシンプルな"Amen"が、かつてありましたでしょうか?

ヴェルディのこだわり、沢山見受けられます。
最後の"LIBERA ME"など、この規模はモーツァルトのミサ曲一曲に
相当するくらいのものが詰まっています。
それだけに、最後の一曲は演奏に時間もかかりました。

歌い終えて(演奏し終えて)、一つだけ印象を挙げよといわれたら、
私はこのラクリモーサの"Amen"を取り上げます。




この曲を、ayaさんの大切な方に捧げます。




楽譜は、全音楽譜出版社のものを使っています。(楽譜のミスを3箇所発見しました)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


曲目

  I - 「永遠の安息を与え給え、主あわれみ給え」 (入祭文)   REQUIEM

  II - 「怒りの日」 (続誦)                       DIES IRAE (SEQUENCE)
      1) 怒りの日              Dies irae
      2) くすしきラッパの音        Tuba mirum
      3) 書き記されし書物は       Liber scriptus
      4) あわれなる我           Quid sum miser
      5) みいつの大王           Rex tremendae
      6) 思い給え              Recrdare
      7) 我は嘆く               Ingemisco
      8) 判決を受けたる呪われし者は  Confutatis
      9) 涙の日なるかな          Lacrymosa

  III - 「主イエズス」 (奉献文)                    OFFERTORIO

  IV - 「聖なるかな」 (三聖唱)                    SANCTUS

  V - 「神の子羊」 (神羊唱)                     AGNUS DEI

  VI - 「永遠の光を」 (聖体拝領唱)                 LUX AETERNA

  VII - 「我を許し給え」 (赦祷唱)                   LIBERAME (RESPONSORY)




編成 と 使用楽器

 <ソリスト>

    ソプラノ    Papalin
    アルト     Papalin
    テナー     Papalin
    バス      Papalin


 <合唱 (ところによって、ディヴィジョンおよび2重合唱)>

    ソプラノ    Papalin
    アルト     Papalin
    テナー     Papalin
    バス      Papalin


 <伴奏 (リコーダーは5重奏)>

    ソプラニーノ・リコーダー    キュング       (ローズウッド)
    ソプラノ・リコーダー       モーレンハウエル (グラナディラ)
    アルト・リコーダー        メック         (オリーブ)
    テナー・リコーダー       全音         (チェリー)
    バス・リコーダー        ヤマハ        (メイプル)
    グレートバス・リコーダー   キュング       (メイプル)
    コントラバス・リコーダー    キュング       (メイプル)

    ティンパニ            ジャンベで代用





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

"◆IL DIVO◆ ヴェルディ / レクイエム" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント