◆IL DIVO◆ パレストリーナ / 教皇マルチェルスのミサ

≪生演奏を公開しています≫

画像
Missa Papae Marcelli / G. P. Palestrina (1525-1594)
URL : http://papalin.yas.mu/W074/

  ◇公開日: 2011年1月8日
  ◇演奏時間: 34分17秒
  ◆録音日: 2011年1月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



数あるパレストリーナのミサ曲の中の
最も有名なものらしいです。

私はどのミサ曲も同じに聴こえてしまいます。
パレストリーナを専門に歌う合唱団がありますが、
尊敬します。私には無理だろうなぁ。


さて、新春から本腰を入れている、4フィートの415Hzアンサンブルですが、
ようやく、あるものを掴んだ感じがしました。キリエは、なかなか良い出来だと思います。

しかしながら、続くグロリア以降は、また悩みながらの演奏になってしまいました。
ソプラノの音程、特に2オクターブ目のEの音がいまだに納得できません、掴めません。


新しい竹山のテナーは、普通の運指では無理です。例としては、2オクターブ目。FisとGisは、この楽器専用の運指の案内があるので良しとするも、その近辺であるGもAも、普通の運指では絶えがたいほどピッチが高くなります。そこで、この2つも替え指。つまり、G近辺は替え指の嵐で、スラーなんてかけられません。泣きたいほどです。それだけではなく、他にも沢山。じゃじゃ馬娘のようなものですわ。

さてそうしてテナーの演奏方法が若干ではありますが固定化してきますと、今度は、いつも一番最初に録音しているバスの小さな癖が見えてくるのですね。そしてアルトも、ソプラノも。

リコーダーって、本当に繊細な楽器だと思うのです。



楽譜はらぶしゅーべるとさんから拝借しました。

使用楽器は、楽譜に書かれたものとは殆ど替えています。テナー重視路線です。
2つめの四重奏(Benedictus)は、バス4本で演奏してみました。
高音の連続で、耳が疲れたところに、一服の清涼剤という気もしました。


Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


曲目

    1. Kyrie        6声  (S・A・T・T・B・B)
    2. Gloria        6声  (S・A・T・T・B・B)
    3. Credo I       6声  (S・A・T・T・B・B)
    4. Credo II       4声  (S・A・T・B)
    5. Credo III       6声  (S・A・T・T・B・B)
    6. Sanctus       6声  (S・A・T・T・B・B)
    7. Benedictus     4声  (B・B・B・B)
    8. Agnus Dei I     6声  (S・A・T・T・B・B)
    9. Agnus Dei II    7声  (S・S・A・A・T・B・B)



使用楽器

    ソプラノ    竹山(メイプル 415Hz)
    アルト     鈴木(ボックスウッド 415Hz)
    テナー     竹山(メイプル 415Hz)
    バス      ヤマハ(メイプル 415Hz)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

"◆IL DIVO◆ パレストリーナ / 教皇マルチェルスのミサ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント