◆IL DIVO◆ シューベルト / 菩提樹 ほか

≪生演奏を公開しています≫

画像
F. Schubert (1797-1828) works
URL : http://papalin.yas.mu/W225/#M007

  ◇公開日: 2010年12月18日
  ◇連続演奏時間: 17分45秒
  ◆録音日: 2010年12月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



シューベルトを後回しにしていたのは
ちゃんと、それなりの理由があります。

シューベルトの音楽ではリコーダーが苦手な
デュナーミクを避けて通れないからです。

だって、マーラーは一番最初にやったじゃない?
はい、その通りです。

マーラーは、楽譜を見たときに、直感で楽しそうだと思い、それでも後期ロマン派の音楽だぞと、心して取り掛かったのですが、Bein' Greenさんがアレンジされていた曲はいずれも、そうデュナーミクを意識しなくとも充分に楽しめる曲でした。そう、そういう点でも、マーラーのこうした音楽は、ルネサンス音楽やバロック音楽に通じるところがあるのかなぁと感じました。


さて、シューベルトです。

菩提樹から始めて5曲を演奏してみましたが、心身ともに、ものすごく疲れました。
私が死守しようとしている80点以上のハーモニーを実現することは、これらの曲では容易いことではありませんでした。ですから、疲れたのしょう。首・背中・腰・目・脳・・・。


リコーダー愛好家の拘わりところをちょっとだけ。

「孤独な男」の伴奏。実はこうした曲がもっとも苦手なのです。p、pp、pppの連続。これだと息が余ってしまうんですよ。だんだん意識が遠くなってくるのが実感できます。でも、それはここで言おうとしていることではありません。拘わりというのを最も端的に示すことのできるところが、終わり前の一小節です。楽譜をご覧いただきたいのですが、3つの伴奏パートが、同じ音でクレシェンドし、すぐさまディミニュエンドに入って、最終小説の終音に突入します。こういうところを決められると、リコーダー吹きは悦に入るのですね。同じ音なのに、運指は3種類。もっとも神経を使うところです。

私ですか? まだまだです。



楽譜はBein' Greenさんから拝借しました。


曲目

    1  菩提樹   (歌曲集「冬の旅」より)
    2  道標     (歌曲集「冬の旅」より)
    3  孤独な男
    4  夕映えに
    5  十字軍
    6  漁師の娘 (歌曲集「白鳥の歌」より)
    7  鳩の使い (歌曲集「白鳥の歌」より)
    8  夜と夢       【原調(ロ長調)版】
    9  夜と夢       【移調(ニ長調)版】
   10  君は我が憩い




使用楽器

    ソプラノ      モーレンハウエル(グラナディラ)
    アルト       メック(オリーブ)
    テナー       全音(チェリー)
    バス        ヤマハ(メイプル)
    グレートバス   キュング(メイプル)
    コントラバス   キュング(メイプル)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

"◆IL DIVO◆ シューベルト / 菩提樹 ほか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント