◆IL DIVO◆ クヴァンツ / トリオ・ソナタ ハ長調

≪生演奏を公開しています≫

画像
Johann Joachim Quantz (1697-1773) / Trio Sonata C-dur
URL : http://papalin.yas.mu/W184/

  ◇公開日: 2010年10月27日
  ◇演奏時間: 10分43秒
  ◆録音日: 2010年10月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



例のサイト・・・じゃわかりませんよね。
楽譜サイト:IMSLPを散策していた時に
この曲の楽譜を見つけました。

これは自筆譜でしょうか、手書きの楽譜としては非常に美しいのですが、現代の整った楽譜に慣れてしまった私としては、この楽譜で演奏するのは大変だなぁ・・・と思っていたのですが、yuriさんが、清書して下さいました。ありがたいことです。 m(_ _)m

  (注:その後2013年に、清書された楽譜が上記のサイトにアップされました。)

ハ長調の曲だと高をくくっていたのですが、侮ってはいけません、大間違いでした。
第2楽章は指が回りません。継ぎ接ぎだらけの録音になってしまいました。

いつかきちんと演奏できるようになりたい、素敵な曲です!



昔の偉い音楽演奏家のお言葉を、覚書としておきましょう。

「何を贅沢なことを言っているんだ、Papalinよ。私たちの時代には、これが当たり前だったのだぞ。紙は貴重なものなんだよ。でもその紙の材質は君たちの時代のような優れたものじゃなく、漂白材も使ってない、コントラストの低いものだったし、灯りだって蝋燭の炎だったのさ。音が欠けていて読めないって? Papalinよ、君もアマチュアとはいえ、音楽家の端くれだろう? 作曲家の気持ちになって考えればいいだけのことじゃないか。労を惜しむんじゃない。頭は使わないと退化してしまうぞ。そうそう、大事なことを言い忘れていた。君たちが使っている楽器だって、最高のものじゃないか。君たちの言うピリオド楽器なんて、格好いいものじゃなくて、色んなハンディを抱えていたんだ。21世紀に生きる君たちは幸せすぎるって事を忘れるんじゃないぞ。」



楽章構成と使用楽器

   Affettuoso
   Alla breve
   Larghetto
   Vivace

     フラウト・ドルチェ    :    アルト         鈴木 ステンズビーJrモデル(415Hz)
     フラウト・トラヴェルソ :    ヴォイスフルート  斎藤 ブレッサンモデル(415Hz)
     通奏低音         :    バス          ヤマハ(415Hz)




ちなみに各楽器の並び順は、向かって左から次のように配置してみました・・・
<フラウト・ドルチェ> <通奏低音> <フラウト・トラベルソ>です。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

"◆IL DIVO◆ クヴァンツ / トリオ・ソナタ ハ長調" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント