◆IL DIVO◆ ヴィヴァルディ / コンチェルト ト短調 RV107

≪生演奏を公開しています≫

画像
Vivaldi (1677-1741) / Concerto per Flauto, Oboe, Violetta, Fagotto e Basso g-moll RV107
URL : http://papalin.yas.mu/W187/M107/

  ◇公開日: 2010年10月22日
  ◇演奏時間: 9分9秒
  ◆録音日: 2010年10月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



Anfangさんからリクエストを戴きました。

リクエストを戴くことは大歓迎です。
「Papalin、パパルテットに
 この曲を演奏させてみたい!」
それは、僕の見聞も広がりますし、
非常にありがたいことです。
ですが、ヴィヴァルディだけは勘弁!
とずっと思っておりました。(^_^;)

なぜかと申しますと、理由は色々あるのですが、ヴィヴァルディの音楽って、特にこの四半世紀位は、男子100m走と一緒で、どれだけ速く破綻なく演奏できるかを競われているようで、如何ともしがたいものがあります。また更に悪いことに、そうしたヴィルトゥオーゾ的な破綻のない演奏を一旦耳にしてしまいますと、冗長な演奏は何となく物足りなく感じてしまう・・・という悪循環に陥るのです。元々シングル・タンギングに大きな障害を抱えているPapalinとしては、そんな理由もあって、ヴィヴァルディだけはやめて~~~ となるわけです。

しかし、リクエストを頂戴しましたからには、何とかそれなりに(?)演ってしまおうという気概は大したものです・・・と自分で言うな! きっと本来の編成では、もっともっとハイスピードで破綻なく音楽的に演奏されるのでしょうけれど、パパリンテット(パパリンによるクインテット)もちょっとだけ誉めてあげよっかな。


曲の正式なタイトルは、「フラウト・ドルチェ、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットと通奏低音のためのコンチェルト ト短調 RV107 F.XII-6 P.360」です。

もし僕がファゴット奏者だったら「この曲はやりたくない。」というでしょう。ファゴットのパートは通奏低音にちょと毛が生えた感じで、殆ど音楽的ではないのに、やたら速いのです。また、僕がオーボエ奏者だったら、やっぱりノー・サンキューでしょう。オーボエの魅力が発揮できる曲ではなく、やはりヴィルトゥオーゾ的なテクニックが要求される曲です。この手の曲がお得意なのは、やっぱりヴァイオリンとリコーダー奏者でしょう・・・そんな感じがしました。

一方で、僕の技量をオーバーするようなハイスピードでも何とか演奏できるということは、速い楽章の音形(パッセージ)が割りと素直だからということも言えます。ラルゴはヴィヴァルディらしからず、素敵な曲でした。


そうそう、楽譜は、IMSLPの楽譜をお借りしました。パート譜しかありませんでした。

楽譜をご覧になりたい方は、まずここのリンクをクリックして下さい。

背景が水色のところにある Complete parts をクリックし、
次の画面で、accept と書かれた文章をクリックして下さい。
PDFの楽譜がしばらくして表示されます。


ヴィヴァルディの手描譜ではなく、どなたかの写譜ではないかと思うのですが、やはり現代の美しい(美的という意味ではなく、整ったという意味)楽譜に慣れてしまいますと、これは大変でした。シャープかナチュラルかよくわからないなんていうのは当たり前で、ところどころ音符が消えていたりします。バロック音楽だから、消えているところがほぼ間違いなく類推することができました。昔の演奏家に怒られそうです。

「何を贅沢なことを言っているんだ、Papalinよ。私たちの時代には、これが当たり前だったのだぞ。紙は貴重なものなんだよ。でもその紙の材質は君たちの時代のような優れたものじゃなく、漂白材も使ってない、コントラストの低いものだったし、灯りだって蝋燭の炎だったのさ。音が欠けていて読めないって? Papalinよ、君もアマチュアとはいえ、音楽家の端くれだろう? 作曲家の気持ちになって考えればいいだけのことじゃないか。労を惜しむんじゃない。頭は使わないと退化してしまうぞ。そうそう、大事なことを言い忘れていた。君たちが使っている楽器だって、最高のものじゃないか。君たちの言うピリオド楽器なんて、格好いいものじゃなくて、色んなハンディを抱えていたんだ。21世紀に生きる君たちは幸せすぎるって事を忘れるんじゃないぞ。」



楽章構成と使用楽器

   Allegro
   Largo
   Allegro

     フラウト・ドルチェ :    アルト      メック      オリーブ
     オーボエ      :    テナー      全音      チェリー
     ヴァイオリン    :    テナー      全音      チェリー
     ファゴット      :    コントラバス   キュング    メイプル

     通奏低音      :    コントラバス   キュング    メイプル




ちなみに各楽器の並び順は、向かって左から次のように配置してみました・・・
<ヴァイオリン> <ファゴット> <フラウト・ドルチェ> <通奏低音> <オーボエ>です。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

"◆IL DIVO◆ ヴィヴァルディ / コンチェルト ト短調 RV107" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント