◆IL DIVO◆ 幸いなるかな、悲しみを抱くものは (ドイツ・レクイエム)

≪生演奏を公開しています≫

画像
Selig sind, die da Leid tragen,
URL : http://papalin.yas.mu/W508/

  ◇公開日: 2010年8月7日
  ◇演奏時間: 9分55秒
  ◆録音日: 2010年8月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ドイツ・ロマン派ともなりますと、音楽は重厚長大になります。バッハのロ短調ミサ曲が大きな作品とは言っても、和音の重さは全然違うと思うのです。

ブラームスのドイツ・レクイエム、オーケストラ譜を私は見ていませんが、ピアノ伴奏譜だけをとってみても、モーツァルトなら使わない音(和音を充足する音)がぎっしり詰め込まれているといった感じがします。

伴奏はリコーダー・カルテット、つまり四重奏に拘ってみました。ピアノ譜だけでも最大で同時に11個の音を鳴らす楽譜なので、当然のことながら、かなりの音を間引くわけです。どの音を間引くかは重要なことなのですが、計画なしに即興で間引きます。そうしますと、ブラームスの音楽の骨格を垣間見ることができるのですね。一方で、こうすることによってブラームスらしさが失われてしまうとも言えるかもしれません。次の曲以降も四重奏でブラームスが表現できるかどうかはわかりませんが、ミックスダウンでは合唱を前面に押し出していますので、オーケストラの音の厚さは、さほど気にならないかもしれません。できるだけ四重奏に拘ってみたいと思っているところです。



さて、この曲と直接関係するお話ではないのですが、ロマン派の音楽をリコーダーで演奏するに当っての、私の勝手な思いがあります。それは、それぞれの時代の音楽に使われる音の大きさの幅(デュナーミクの幅と言ってもいいでしょう)に関してです。音量の幅を、リニアに0~100で表すとするならば・・・

   ルネサンスの音楽は、30~40
   バロックの音楽は、30~50
   古典派の音楽は、30~60
   ロマン派の音楽は、10~90

こんな感じがするのですね。


これに、楽器の特徴を合わせますと、

   リュートは、30~33
   チェンバロは、30~30
   リコーダーは、33~37
   トラベルソやバロック・オーボエが、30~40
   金管楽器がせいぜい、40~50

つまり、ロマン派の音楽の音量のうち、10~32 および 35~90は、リコーダーでは表現できないわけです。それをあたかもそれっぽく聴かせるためには、音の輪郭や表情、さらには演奏者の表情を含むボディ・ランゲージだとかが必要になるわけですね。


私は一体、何を書いているんだろう?
何を伝えたいんだろう?

まぁいっか。


伴奏楽器

    ソプラノ      モーレンハウエル  グラナディラ
    アルト       メック       黒檀
    テナー       全音        桜
    バス        メック       楓
    グレートバス    キュング      楓
    コントラバス    キュング      楓




大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

"◆IL DIVO◆ 幸いなるかな、悲しみを抱くものは (ドイツ・レクイエム)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント