◆IL DIVO◆ アヴェ・マリア / トスティ

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Ave Maria / Francesco Paolo Tosti
URL : http://papalin.yas.mu/W905/M101/

  ◇公開日: 2010年1月3日
  ◇演奏時間: 3分17秒
  ◆録音日: 2010年1月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



聴いたことのないアヴェ・マリア:3曲目です。

トスティだから、期待しました。
でも、トスティのアヴェ・マリアって、どうなんだろう?
官能的過ぎやしないだろうか。

歌詞を読みます。
なるほど、これは普通のアヴェ・マリアではないですね。

同じイタリア語のアヴェ・マリアでも、ルッツィのそれとは、全く違います。
歌詞と訳詞を載せましょう。

Ave Maria    Carmelo Errico (1848-1892)

Per le fulgenti cupole dorate
La melodia dell’organo suonava;
Lento moriva il dì sulle vetrate;
Una nube d’incenso al ciel volava,
E dolcemente da ogni labbro uscia:
Ave Maria.

Nella blanda mestizia di quell’ora
Tutta serenità di paradiso,
Il cavaliere che sospiro ognora
M’apparve, e a lungo ci guardammo in viso:
Fu vana allora la preghiera mia,
Ave Maria.

Dall’azzurro del ciel stendi la mano
A me infelice dal dolore affranta;
Deh! ch’io non pianga e non t’invochi invano,
Arridi all’amor mio, Vergine santa:
Abbi pietà di me, Vergine pia.
Ave Maria.



アヴェ・マリア    カルメロ・エルリーコ

金色に輝く円屋根に
オルガンの旋律が響いていた
日はゆっくりと玻璃窓に死んでゆき
香の雲が天に舞い
どの唇からも やさしく洩れていた
アーヴェ・マリーア。

すべてが天国の清らかさに浸された
その時間の静かな悲しみの中に
私がずっと憧れているあの騎士が現われ
私たちは長いあいだじっと顔を見つめ合った。
その時 私の祈りは虚しかった
アーヴェ・マリーア。

悲しみに打ちひしがれた不幸な私に
空の青さから手を差し伸べてください。
どうか 涙ながらに祈るのが無駄にならないように
私の愛にほほえんでください 聖なる処女。
私を憐れんでください 慈悲深い処女
アーヴェ・マリーア。



聖母マリアを讃える歌でなくても、いいじゃないですか。
人間の女性が主人公の歌でも、いいじゃないですか。
カトリックの神聖な教会で祈祷台に跪いてアヴェ・マリアと祈る人の声が、
遠くからちゃんと聴こえてきます。

"その時 私の祈りは虚しかった"
ものすごく人間味を感じます。


こんな美しいアヴェ・マリアが他にあるでしょうか。
この曲集に収められた作品の中では群を抜いています。


恥ずかしながら、自分の歌を聴きながら、瞼が熱くなりました。
本当は歌っているときから、涙が出そうになって、こらえました。

ミミミとかドドドとかが続く、単純な旋律の曲なのに・・・、
なぜ?


1番の終止のアヴェ・マリアのところ、歌った時にドキッとしました。
こんな和音にするのは、トスティくらいでしょう。

2番の終止はどうなの?
同じことは2度はしません。

3番の歌詞は僕にとっては、col cantoそのものです。
さすがです、降参です。


お聴き下さい。 <(_ _)>


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

"◆IL DIVO◆ アヴェ・マリア / トスティ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント