◆IL DIVO◆ モーツァルト / 交響曲 第1番

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Wolfgang Amadeus Mozart / Symphony No.1 E-flat major K.16
URL : http://papalin.yas.mu/W203/M006/

  ◇公開日: 2009年6月16日
  ◇演奏時間: 15分43秒
  ◆録音日: 2009年6月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



レーガーのバッハへのオマージュ作品を聴いて、沈んだ人がいるようなので、
明るい曲をプレゼントしようという、何とも優しいPapalinです。
リピートで楽器を持ち替えて、遊んでしまいました。(^_^;)

モーツァルトが8歳のときに作曲した交響曲です。
ふん! 何てませたやつだ。
これでも習作だって? 立派なモーツァルト節じゃんか。

原調は変ホ長調。フラット3つ。
エオリアンさんの楽譜はニ長調で、シャープ2つです。
この演奏の方がちょうど半音低いので、バロックピッチの楽器で演奏したら
こんな音だったということになります。
モーツァルトの頃って、まだいろんなピッチがあった筈ですものね。(=^_^=)

それにしても、どうして変ホ長調なんだろう?
ヴァイオリンをはじめとする弦楽器主体の曲なんだから、
半音下げてニ長調にしたら弾きやすいだろうに。
それは素人考えでしょうか?

第1楽章を聴くと、二長調の明るい響きの方が合いそうな気がします。
でも、第2楽章はやっぱり原調のハ短調の方がお似合いかな?
モーツァルトのハ短調の曲は、好きな曲がいくつかあります。

それにしても、第1番と第41番が同じテーマを使っているなんて、憎いなぁ。
第2楽章は、これでもか、これでもか・・・というテーマのくり返し、
それも主題は低音楽器に演奏させるという、ちょっと冒険。
伴奏をさせる高音楽器は、2度や半音でぶつけたりしちゃって、
オマケにテーマが2拍子で、伴奏は3連符。
色々やってくれるよなぁ。

小学3年生が書いた曲を、小学43年生のPapalinが演奏したわけで・・・、
何だかなぁ。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>


モーツァルト / 交響曲 第1番  使用楽器

   ソプラノ・リコーダー      モーレンハウエル(グラナディラ)
   アルト・リコーダー       メック(黒檀)
   テナー・リコーダー       全音(桜)
   バス・リコーダー        メック(楓)

   テナー・リコーダー       全音(桜)
   バス・リコーダー        メック(楓)
   グレートバス・リコーダー    キュング(楓)
   コントラバス・リコーダー    キュング(楓)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

"◆IL DIVO◆ モーツァルト / 交響曲 第1番" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント