◆IL DIVO◆ 6つの舞曲 (アテニャン)

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Six Dances (Pierre Attaingnant)
URL : http://papalin.yas.mu/W207/M003/

  ◇公開日: 2007年10月4日
  ◇連続演奏時間: 12分16秒
  ◆録音日: 2007年10月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



7番目は、6番目のジェルヴェーズのお師匠さんで、やはりフランスの
音楽編者:ピエール・アテニャンの選による舞曲集です。

さすがにこれだけリコーダーを吹き続けると、少し飽きてきます。
だから、違った楽器を使いたくなりました。

これです。

画像


ププッ ( ̄m ̄*)

ちょうど一年前に、ある方からチェロを譲り受けました。
Alain Moinierさんという方が作られた楽器だそうです。
Antonio Stradivariさんではないようです。 シ~ン O=(_ _  パタリ

僕の方は、折角譲って戴いたのに、笛やら歌やらで、
なかなかチェロまで手が回っておらず、そんなんで一年が・・・。
申し訳ないなと思いつつ、構え方も基礎も何もわからない中で、
『チェロって言ったって、たかが楽器じゃないか。』 と、
ピアノを調律したPapalinは既に怖いもんなしです。

それにしてもひどいですね。
皆さまの人生に、空白の4分間を頂戴します。お耳を大切に。


そういうわけで、1曲目のBranle Gayは、3ヴァージョンございます。
チェロの四重奏はこの曲だけですので、我慢して下さい。

3曲目のBranle Simpleは、正直言って、最後のバスの音を間違えました。
でも、最後に重ねたのがバスだったので、この面白い和音を
そのまま使ってみました。何だかドラクエのエンディングみたいです。

4曲目のBranle Gayは、最初から最後まで、全パートが同じリズムです。
面白いので、一切装飾はやめてみました。



Pierre Attaingnant   "Six Dances"

Branle Gay      4 Violoncellos, B/B/GB/CB + Perc.
Tourdion              S/A/T/B + T/B/GB/CB
Bransle Simple                    S/A/T/B
Branle Gay                     T/B/GB/CB
Pavane                T/B/GB/CB + S + Perc.
Basse Dance       A/A/T/B + B/B/GB/CB + Perc.



使用楽器

   (1) ソプラノ      モーレンハウエル 木製
   (2) アルト       メック        木製
   (3) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (4) バス        メック        木製

   (5) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (6) バス        メック        木製
   (7) グレートバス   ヤマハ        木製
   (8) コントラバス    ゼンオン       木製

   (9) 打楽器 その1 (鐘群)
   (10) 打楽器 その2 (太鼓群)

   (11) チェロ




【追記】

コメントを頂戴したaostaさんのご感想で、マエストロ・パパリンのチェロの演奏の音が似ているという、小渕晶男さん製作の楽器:ガイゲンベルクの音は、こちらで聴けます。ガイゲンベルクは、弦を摩擦して発音するので、バイオリンのような音がしますが、鍵盤楽器です。



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

"◆IL DIVO◆ 6つの舞曲 (アテニャン)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント