◆IL DIVO◆ ティエント 第7番 (カベソン)

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
Tiento VII Cuatro Tono (Antoni de Cabezon)
URL : http://papalin.yas.mu/W207/M002/

  ◇公開日: 2007年9月24日
  ◇連続演奏時間: 4分22秒
  ◆録音日: 2007年9月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



10曲目から最後の12曲目まで、ルネサンスの音楽家として
愛好家には有名らしい、アントニオ・デ・カベソンの曲をお贈りします。

まずはティエントを2曲。
最初に、「ティエント 第7番 (第4旋法による)」を聴いて戴きましょう。
ティエントは、鍵盤楽器によるスペイン独自の変奏曲の一種です。
第○旋法とは、平たく言うと、音階のことだと思ってください。
現代の(正確には17世紀以降の)調性の前身です。
ちなみに第4旋法は、調性音楽の"シ"から始まる音階です。

さて、この曲の楽譜を見ますと、あまり面白そうな曲には見えません。
ルネサンスの音楽って、抑揚が殆どなくて、
ともすればだらだらと、しかもそう短くない音楽が続きます。
でも、演奏して(多重録音して)聴いてみたら、
やっぱりこれはいい曲だなぁと感じた次第です。

騙されたと思って、お聴き下さい。きっと騙されます。(笑)
こうした曲を演奏すると、木製のテナー・リコーダーが欲しくなります。



使用楽器

   (1) テノール      ヤマハ        プラスティック製
   (2) バス        メック        木製
   (3) グレートバス   ヤマハ        木製
   (4) コントラバス    ゼンオン       木製



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

"◆IL DIVO◆ ティエント 第7番 (カベソン)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント