◆IL DIVO◆ シューマン 「バラ、百合、鳩」

画像
Die Rose, die Lilie, die Taube / Schumann
URL : http://papalin.yas.mu/W903/M009/

  ◇公開日: 2007年5月30日
  ◇連続演奏時間: 0分29秒
  ◆録音日: 2007年5月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



三曲目の公開に、とにかく至った。
いいわけは極力控えてきたが、今回は書くことをお許し願いたい。
これほど大変な25秒の曲を、僕は知らなかった。
連作歌曲。できますれば、一曲目から続けて聴いて戴きたい。



 Die Rose, die Lilie, die Taube     Dichterliebe  H. Heine

     Die Rose, die Lilie, die Taube, die Sonne,
     Die liebt' ich einest alle in Liebeswonne.
     Ich lieb' sie nicht mehr, ich liebe alleine
     Die Kleine, die Feine, die Reine, die Eine,
     Sie selber, aller Liebe Wonne,
     Ist Rose und Lilie und Taube und Sonne.



    バラ、百合、鳩     詩人の恋 ハイネ

        バラ、百合、鳩、そして太陽、
        それらを私はかつては愛のよろこびの中で愛した。
        私はもはやそれらを愛してはいない、私が愛するのはただ、
        可愛いい人、美しい人、心清らかな人、ただ一人の人だけだ。
        あらゆる愛の喜びであるその人こそが、
        バラであり、百合であり、鳩であり、太陽であるのだ。


  歌:Papalin 
  リコーダー:大勢のPapalin



ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ




◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

<百年の恋もいっぺんで冷めてしまいそうな、言い訳と舞台裏>


まずは、下の写真を拡大して見て下さいませ。僕の使った楽譜です。
こんなに色々書き込まなければならなかった曲は初めてでした。

画像 シューマンの連作歌曲:
 「詩人の恋」に魅せられて、
 歌おうと思ったのは後悔していません。

 現に、一曲目の美しさにめろめろになっていた
 Papalinは、一曲目しか考えてなかったのですが
 一曲目をアップしていざ聴いてみると、
 下手は下手ですが、二曲目が聴きたくなりました。

二曲目もまぁいいでしょう。バラード調のゆっくりとした曲ですからね。
問題はこの三曲目。全く No idea, No plan でした。

さて、どうしましょう。



まず、楽譜をスキャナで読み込んで、新聞広告の裏に印刷しました。
第一曲目で、楽譜に直接ラインマーカーで色をつけたら、
裏の二曲目のページにまでそれが写って痛い目を見たからでした。

最初に決めたのはテンポ。
テノール歌手のプレガルディエンと同じ、
四分音符=112をベースとしたテンポにすることにしました。
妥協は許さない。
この曲にもっとも相応しいと僕が感じたテンポです。

そして譜読み開始。
旋律を頭に叩き込むように読んでは、♪ラララで歌ってみました。
112のテンポは、口の回らない僕には、♪ラララでも追いつかないほど。

やっとのことで、ガイドを録音します。
それはそれは、テンションを上げて・・・です!
♪リ・ライラ、リ・ライラ、リ・ライラ、リ・ライラ ~~~♪

これで、音楽の骨子は全て決まります。
冗長なところ、気に食わないところ、やり直しです。
歌が終わって、最後のピアノ伴奏だけのところなんて、
♪ジャカスカ、ジャカスカ ~~~♪
って歌ってました。(笑)

次。楽譜のピアノ伴奏部分に塗り絵のお時間です。
楽譜を最後まで眺めて、どこをどのリコーダーに吹かせるか、プランします。
今回は、アルト、テノール1、テノール2、バスの四重奏に決定。
ソプラノ・リコーダーを使わなかったのは、
二曲目の、低音リコーダーの伴奏がちょっとお気に入りだったので・・・。

一番簡単なバス・パートから録音します。
簡単ではなくても、バス・パート(最低音のパートから録音します。)
簡単とは言っても、低いF♯の音が決まらなかったり、
ガイドのテンポについていけずに破綻したりで、
結局数回録音し直しましたか・・・。

リコーダーは、余程のことがない限り、低いパートから重ねていきます。
これは僕のやり方です。
ハーモニーを形成していくのに、この方法が僕にはピッタリだからです。

そうして次はテノール2の録音。
これが、何度やっても、できない!
ピアノ譜の3段目から、右手の後拍、そう、
♪んちゃ、んちゃ、んちゃ、んちゃ♪
が全然できないんです。
2小節くらいは合っていても、すぐズレちゃう。
30分くらい奮闘しましたが、困り果てました。

そんなときに、おちゃらけて、
♪ちゃか、ちゃか、ちゃか、ちゃか♪
と吹いてみたら、何とか出来そうな気配。
シューマンさんには悪いけど、いいや、これで行こう!
で、決定。

割とすんなりと、テノール2が録音できて、
続いてテノール1も、アルトも、すんなり録音終了。
早速4本重ねて、リバーブもかけて、パンも振って
(各楽器の音を、左右の広がりが出るように分けること)
聴いてみました。

結構ズレではいるけど、許容範囲だ!
そう、疲れていました。



さて、問題の歌。

口が回りませ~ん。
ハイネもシューマンも、意地悪です!

結局、1日目には完成せず。
2日目に、また挑戦。
2日目だけで、テンション上げっぱなしで、20回は歌ったでしょうか・・・。
それでも歌えてません。

ちょっと小休止させて下さい。

でも、折角だからアップしちゃおっと。
またこっそり入れ替えればいいや。


 

"◆IL DIVO◆ シューマン 「バラ、百合、鳩」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント