◆IL DIVO◆ <吹奏楽> 組曲「いしずえ」 【1975年録音】

画像
Suite ISHIZUE
URL : http://papalin.yas.mu/W204/#M103

  ◇公開日: 2007年1月20日
  ◇連続演奏時間: 19分42秒
  ◆録音日: 1975年11月 (14歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    すると、Papalinの音楽サイトに
    直行できます。



第三弾は、同じく中学3年生の時の、文化祭における録音です。

僕に多大な音楽の影響を及ぼして下さったMS先生。先生は当時まだ20代だったと思います。音楽の先生でした。歌は上手いし、リコーダーは上手いし、ピアノは弾けるし、僕にとっては一番身近な憧れの先生でした。

その先生が、なんと、この文化祭での発表のために --- かどうかは定かではないのですが、それでもこのとき以外にこの曲を演奏したことがないので、おそらく正しいと思うのですが --- 組曲を作られたのです。驚きでしょう? 中学生という、まだまだ未熟な音楽愛好家をターゲットに作られて、合唱も吹奏楽も箏もご自分一人で指導されて、それだけでも素晴らしいエネルギーだと思うのですね。第3楽章では、技術の追いつかないパーカッション・メンバーに時折厳しい言葉もありましたが、それも先生の情熱が大きければこそのことだと思います。

当時、僕は報道委員長という生徒会の役員をやっていまして、生徒会新聞にこの素晴らしい組曲について、熱~い文章を書いた覚えがあります。

ジェルソミーナさん、あの新聞、持ってな~い?


僕の住んでいる茅野市は、尖石遺跡など、縄文時代の遺跡が発掘されたりで有名なところです。MS先生は、この諏訪地方の出身ではないと思うのですが、赴任した地域の遥か悠久の歴史を訪ね、紐解き、そしてそれを題材にして、吹奏楽と合唱のために、組曲を作ってしまわれました。

MS先生は、僕らの一学年上のクラスを受け持っておられたのですが、そのクラスの合唱ときたら、それは素晴らしいものでした。特に男子生徒の声が伸び伸びとしていて、しかもみんな楽しそうに歌っていたのは記憶に新しいです。もし先生がもう一年早くこの曲を作られていたら、合唱はきっと混声合唱になっていたのではないかと思うと、ちょっと残念な気がします。


さて、組曲は4つの楽章 --- 章と言った方が相応しいでしょうか --- からなっています。

1章 > フル編成の吹奏楽と合唱で構成される変拍子の曲です。
2章 > 和風な箏と洋風のチェンバロを組み合わせてのユニークな章です。
3章 > 打楽器奏者5人だけという、一風変わった編成での曲です。
4章 > ピアノも加わり、叙情的なメロディで始まり、1章のテーマで閉じます。


カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」をお手本とされたことは明らかですが、僕は、MS先生の作詞・作曲・編曲によるこの曲の初演に携わらせていただけたことを、大変光栄に思います。

そうそう、中学校を卒業して23年後、娘の小学校のPTA役員を務めたとき、その小学校の教頭先生がMS先生だったのです。これも縁ですね。親子2代でお世話になりました。

この録音テープは、先の合唱祭のテープの後ろに、MS先生が気配りをされてダビングして下さったものです。合唱祭の録音だけだったら、短いカセットテープで足りたのに、わざわざ長いテープに入れて下さって ・・・ 僕の宝物です。

話が長くなりました。是非お聴き下さい。歌詞も聴いて下さい。

   第一章 : 吹奏楽+女声合唱
           (Papalinは、トロンボーンをバリバリ吹いてます)

   第二章 : 箏+チェンバロ+フルート+クラリネット+女声合唱
           (フルートはジェルソミーナさんかも知れません)

   第三章 : 打楽器
           (Papalinは、ティンパニとマリンバを演奏しています)
           (パンチの効いた迫力ある大太鼓は、すけちゃんです)

   第四章 : 吹奏楽+ピアノ+女声合唱
           (Papalinは、トロンボーンをバリバリ吹いてます)

画像
【 第3楽章でパーカッション・メンバーと共演する Papalinと すけちゃん 】


宜しければご感想を、コメント願います。


【写真】 中3 教室のベランダでのスナップ写真。 (1976年・・・15歳)

ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

"◆IL DIVO◆ <吹奏楽> 組曲「いしずえ」 【1975年録音】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント