◆IL DIVO◆ ニーノ・ロータ 「ロミオとジュリエット」 【1976年録音】

画像
Nino Rota / Feast at The House of Capulet
URL : http://papalin.yas.mu/W204/M006/

  ◇公開日: 2007年1月17日
  ◇連続演奏時間: 3分37秒
  ◆録音日: 1976年7月 (15歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    すると、Papalinの音楽サイトに
    直行できます。



第六弾、ここで問題です。

「ロミオとジュリエット」と聞いて、これを思い出すか、それとも、こっちか。

Papalinは切ないかな、後者だな。オリビア・ハッセーが美しかったもんな。レナード・ホワイティングに嫉妬したもんな。(笑)

さて、実はそんな懐かしい思いだけで、この曲を載せてしまいました。演奏、録音、カセットテープの状態、どれをとっても問題ありです。でも、ひで~調律のスピネットが登場しない、リコーダーだけのアンサンブルのところは、ちょっとだけ美しかったりします。

それにしても、このリコーダー合奏。おそらくPapalinはテノールかバスを吹いているものと思われますが、各パート3人とか4人。迫力はありますが、ピッチはめちゃくちゃですね。中学生の頃には見なかったテナー・リコーダーとバス・リコーダーがアンサンブルに加わって、音域の広い重厚な響きになっていただけで、それにPapalinは感動していたのかも知れません。のちに、「リコーダー・アンサンブルは、各パート一人に限る」 ・・・ という偏見を持つようになっていくのですがね。

お聴き下さい。

    リコーダー・アンサンブル : SS高校 室内コンツェルト

宜しければご感想を、コメント願います。


【 ロミ&ジュリの舞台 イタリアのヴェローナ ジュリエットの墓 】



【写真】 高校1年生の夏 裸眼でいた最後の写真かな。(1976年・・・15歳!)
      (こののち、女の子の顔がボケて見えるのを自認し、メガネをつくった)

ランキングに参加中です。ポチッと↓押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 クラシックブログへ

"◆IL DIVO◆ ニーノ・ロータ 「ロミオとジュリエット」 【1976年録音】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント