月刊ピアノ かえるのうた <ずっしー音楽理論>

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

logo.jpg
Monthly Piano Magazine 2020 by YAMAHA / Music Theory Lesson series (Rank -) / Der Frosch Gesang
URL : http://papalin.yas.mu/W324/#M002V06

  ◇公開日: 2020年7月1日
  ◇演奏時間: 51秒
  ◇録音年月: 2020年7月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




手頃な値段の、ヤマハ『月刊ピアノ』誌に掲載されるピアノ用の楽譜を参考に、独自にリコーダー・アンサンブル用にアレンジして演奏しています。

2020年6月号の「目からも耳からもウロコ! ずっしーの 即わかり音楽理論教室シリーズ」から、「かえるのうた(ピアノアレンジ脳内大解剖シリーズ)」を演奏しました。

今回は童謡「かえるのうた」のワンフレーズをテーマに、ピアノアレンジが出来上がって行く工程をお見せします! ずっしーの編曲術を見て聴いて盗もう!


以下は私の要約です。

 Step1 まずはシンプルなコードをつけてみる。スリーコードでOK。
 Step2 モチーフが2小節ごとに分かれるので、コード進行も2小節ごとに同じもの(6451進行)を繰り返してみる。
 Step3 伴奏をアルペジオにする。ピアノの右手のメロディの下にもコードの音を足して厚みを出す。
     前半2小節と後半2小節で右手の音の数に差をつけて、さりげなくメリハリを演出する。
 Step4 1小節目後半と3小節目後半のコード[F]を[Dm7]に変えて質感を変化させる。
     コードの繰り返し部分に[GonB]というコードを挟んでベースラインを滑らかにつなぐ。

ずっしーさん、こちらでご自身による演奏も公開されているようです。


楽譜はYAMAHAの『月刊ピアノ』をベースにしてアレンジ演奏しています。


使用楽器
 ソプラニーノ    キュング     ローズウッド
 ソプラノ      モーレンハウエル オリーヴ
 アルト       鈴木       カスティーオ
 テナー       竹山       メイプル
 バス        ヤマハ      メイプル
 グレートバス    キュング     メイプル
 コントラバス    キュング     メイプル
 サブ・コントラバス キュング     メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

この記事へのコメント