【スタジオ・パパリン メルマガ Vol.70 2020/6月号】

スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]


2014年11月から始まったスタジオ・パパリン・ショップのメルマガ。
ショップのお客様だけでなく、皆さまにもご紹介したいと思いましてこちらにも掲載致します。

200205-Pap.jpg
個人レッスンが主体の方が私と4人でリコーダー・カルテットを始めました。テキストとして選んだのは北御門文雄さんによるルネサンス声楽曲集です。まず取り組む曲を2つ決めて、今週が初めての合同レッスンでした。すると生徒さんの一人が歌詞を調べてきてくださり、詞の大意や特徴的なフレーズについている歌詞について説明してくれました。素晴らしいことです。生徒さんの積極的なアプローチに感謝しました。私からは更に「歌詞の切れ目がブレスポイントであり、ルネサンス曲の場合には往々にしてそれは小節の切れ目とは限らないこと」や「ヘミオラ(3拍子の曲で終止の手前の小節を長さが2倍の大きな三拍子にして終止感を強調する手法)も歌詞の切れ目がヒントであること」などを加えてのレッスンでした。好奇心を刺激するレッスンになったと思います。

さて明日は私としてはこの仕事を始めて、初めての1日6レッスンです。場所も3カ所を移動しながら、それぞれのレッスンが60分とか70分とかになるレッスンです。このような大変な時代に仕事を戴けることに深く感謝しています。明日も頑張ります!

スタジオ・パパリンでは距離をとり、換気し、アルコール消毒をしながらレッスンしています。
インターネットを使ったレッスンも随時受付けております。 (#^.^#)


スタジオ・パパリン Studio-Papalin
武藤哲也 (山の音楽家 Papalin)
http://studio-papalin.com/


★ 過去のメルマガは、こちらからご覧いただけます。

★ スタジオ・パパリンのCD・楽譜販売サイト http://studio-papalin.com/ は、リニューアルのため、現在購入機能を停止しております。ご希望の方は papalin(@)studio-papalin.com までメールにてお知らせ願います。商品リストもございますので、お気軽にお声をお掛けください。
 

この記事へのコメント