【スタジオ・パパリン メルマガ Vol.68 2020/4月号】

スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]


2014年11月から始まったスタジオ・パパリン・ショップのメルマガ。
ショップのお客様だけでなく、皆さまにもご紹介したいと思いましてこちらにも掲載致します。

200205-Pap.jpg普段はソロでレッスンを受けられている方が、今日は2人ご一緒にいらしてのレッスンでした。ソロの方はリコーダー・アンサンブルの経験はせいぜい私との2重奏しかありませんので、今日は私も含めた3人で長3和音、短3和音の響きを体感してもらいました。まずド(1度)とソ(5度)の2つの音を二人で鳴らせて、実際には出ていない1オクターブ下のド(1度)の音(これを差音と呼びます)を体験しました。耳のそばで蚊が低い音でブ~ンといっているような音です。そしてその差音が正しい音程で響いている時と、そうでない時の違いを体験してもらいました。更に正しくハモッた(これを純正の音程と言います)ド(1度)とソ(5度)の中に私がミ(長3度)で割り込んだ時の響きを感じてもらいました。お二人の生徒さんの表情はまるで小学生か中学生のときのよう。未体験だったものを実際に経験できた、聞き分けることができた喜びが、表情に表われていました。

こうして、ハモった音を体験してしまったお二人。これからハモらない音に苦痛を感じる世界が始まるのです。ウフフ。(*^_^*)

スタジオ・パパリンでは距離をとり、換気し、アルコール消毒をしながらレッスンしています。
インターネットを使ったレッスンも随時受付けております。家にいる時間を有効に使いましょう! (#^.^#)


スタジオ・パパリン Studio-Papalin
武藤哲也 (山の音楽家 Papalin)
http://studio-papalin.com/


★ 過去のメルマガは、こちらからご覧いただけます。

★ スタジオ・パパリンのCD・楽譜販売サイト http://studio-papalin.com/ は、リニューアルのため、現在購入機能を停止しております。ご希望の方は papalin(@)studio-papalin.com までメールにてお知らせ願います。商品リストもございますので、お気軽にお声をお掛けください。
 

この記事へのコメント