藤本潤一郎 / リコーダー四重奏のための 遠きにありて思ふもの

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Fujimoto Junichiro / The place I left behind and long for now for recorder quartet
URL : http://papalin.yas.mu/W243#M030

  ◇公開日: 2019年7月28日
  ◇演奏時間: 11分57秒
  ◇録音年月: 2019年7月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




リコーダーJP社から、2019年8月1日 第1版発行の楽譜の曲を演奏させて戴きました。
作曲者による前書きからの抜粋です。

このたび、曲を作っているうちに、私自身が育った土地、兵庫県西脇市を思い出すきっかけがあり、自分の故郷をテーマにしよう、と思いついた。地元のメロディを使うわけではなく、故郷への想いを馳せながら、楽曲を書いた。

題名の「遠きにありて思ふもの」は、室生犀星のよう知られた詩、「ふるさとは 遠きにありて 思ふもの」の一部で、何十年も帰っていない、帰るところのなくなった自分にぴったりかと思う。曲は3曲の楽章からなっている。


 1.霧は町を覆ふ
 2.木立は雨の中に
 3.町の響きは風にのって

それぞれの曲に関する説明は、楽譜をご覧ください。


楽譜は『こちら』を使用しました。



使用楽器
 ソプラニーノ    キュング     ローズウッド
 ソプラノ      モーレンハウエル オリーヴ
 アルト       鈴木       ボックスウッド
 テナー       竹山       メイプル
 バス        ヤマハ      メイプル
 グレートバス    キュング     メイプル
 コントラバス    キュング     メイプル
 サブ・コントラバス キュング     メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

この記事へのコメント