J.マッテゾン / 3本のリコーダーのためのソナタ Op.1-5

スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Johann Mattheson (1681-1764) / 12 Sonatas a2 et 3 Flutes sans Basse Op.1 Nr.5
URL : http://papalin.yas.mu/W317/#M005

  ◇公開日: 2019年6月8日
  ◇演奏時間: 6分58秒
  ◇録音年月: 2019年6月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




テレマンと同じ年に生まれたドイツの作曲家の作品です。2本または3本のリコーダーのためのソナタとして12のソナタからなる作品1の曲集を演奏します。マッテゾンは作曲家と言っても、本業は外交官だったようで、今で言う副業として音楽に携わっていたようです。

第5番も3重奏曲です。もしこのソナタ集が番号の順番通りに作曲されたとすればですが、徐々に音楽が洗練されて来たように思います。ハ長調という調性も私をしてそんな風に感じさせたのかも知れません。


楽譜は、IMSLPから借用しました。


使用楽器
   アルト          竹山            ボックスウッド (A=415hz)
   ヴォイスフルート    竹山           メイプル (A=415hz)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 

この記事へのコメント