月刊ピアノ かえるのうた <音楽理論>

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Monthly Piano Magazine 2019 by YAMAHA / Music Theory Lesson series (Rank -) / Gesang der Frösche
URL : http://papalin.yas.mu/W297/#M004V06

  ◇公開日: 2019年5月31日
  ◇演奏時間: 44秒
  ◇録音年月: 2019年5月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




手頃な値段の、ヤマハ『月刊ピアノ』誌に掲載されるピアノ用の楽譜を参考に、独自にリコーダー・アンサンブル用にアレンジして演奏しています。

2019年6月号の「目からも耳からもウロコ! ずっしーの 即わかり音楽理論教室シリーズ」から、「かえるのうた(繰り返し&滑らかな連結で効果倍増”6451進行”)」を演奏しました。

前回までの”カノン進行””王道進行”と合わせてポップスの三大コード進行と呼ばれることもある、それが今回紹介する”6451進行”です。平成初期のJ-POPシーンに一時代を築いた小室哲哉氏。彼が好んで用いたことからこのコード進行は”小室進行”という名前で呼ばれることもあります。

さて「かえるのうた」の最初の2小節のコード進行は、[Am→F→G→C]です。このベースラインを見てみると、[ラ→ファ→ソ→ド]となっていますね。これを、ドを1として数える番号に当てはめると、[6→4→5→1]となり、これが6451進行という名前の由来です。


確かに、小室さんの音楽の特徴でした。「かえるのうた」も小室さんが作曲された曲に聞こえてしまうから不思議ですね。

ずっしーさん、こちらでご自身による演奏も公開されていました。

この新しいコーナー、今日で3回目ですが、非常に分かりやすく、それでいてサンプルのアレンジ譜がとても美しい音を奏でます。お気に入りのコーナーです。(*^_^*)


楽譜はYAMAHAの『月刊ピアノ』をベースにしてアレンジ演奏しています。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          鈴木            ボックスウッド
   テナー          竹山            メイプル
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

この記事へのコメント