水野 勉 / ガンバ・コンソートのための「春の分れ」

スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Mizuno Tsutomu (1949-) / Petit Works for Gamba Consort / 17. The Spring Equinox
URL : http://papalin.yas.mu/W243/#M014V17

  ◇公開日: 2019年5月7日
  ◇演奏時間: 3分42秒
  ◇録音年月: 2019年5月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




作曲の水野勉先生から、ガンバ・コンソート用の楽譜をいくつか紹介して戴いています。その殆どがリコーダー・コンソートでもそのまま演奏できそうです。ただし、アルト記号(ハ音記号)はありますけれど。

3年振りに演奏させて戴く17曲目は「春の分れ」(3重奏)です。漢字からして春分をイメージされて作曲されたのでしょうね。寂しげなメロディには、冬と春の両方を感じ取ることができます。

楽譜は、水野先生から頂戴いたしました。3重奏ですが、トップのパートでちょっとだけバスリコーダーを使いました。英字タイトルは私が付けたものです。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          鈴木           ボックスウッド
   テナー          竹山            メイプル
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 

この記事へのコメント