J.S.バッハ / モテット「歌え、主の御前に新しき歌を」 BWV225

スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Johann Sebastian Bach (1685-1750) / Motet "Singet dem Herrn ein neues Lied" (BWV225)
URL : http://papalin.yas.mu/W248/#M225

  ◇公開日: 2019年4月19日
  ◇演奏時間: 1分53秒
  ◇録音年月: 2019年4月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




この曲は、第一合唱と第二合唱による8声部で歌われ、各声部が織りなす華麗な音模様にモーツァルトも驚喜したそうです。合唱が最初の数小節を歌うや否やモーツァルトはあっけにとられ、さらに数小節進むと「これは何だ!」と叫び、歌が終わると「これはまさに学ぶべきものだ!」と喜々として叫んだそうです。

曲は三部構成で、ここでは第3部の4声のフーガを演奏しました。


楽譜はIMSLPから借用しました。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          鈴木            ボックスウッド
   テナー          竹山            メイプル
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 

この記事へのコメント