季刊リコーダー28 カンタータ第119番 (J.S.バッハ)

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
The Recorder Quarterly / Kantate 119 "Preise, Jerusalem, den errn" BWN119
URL : http://papalin.yas.mu/W290/#M028V03

  ◇公開日: 2018年9月12日
  ◇演奏時間: 15分48秒(トータル)
  ◇録音年月: 2018年9月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




『季刊リコーダー』誌の掲載楽譜を演奏しています。
独自にアレンジして演奏している場合もありますので、お断りしておきます。

Vol.28(2018年 夏号)から、「カンタータ第119番 《エルサレムよ、主を誉めまつれ》 (J.S.バッハ)」を演奏しました。やっぱり全てのパートの音が欲しいです。

季刊リコーダー誌に掲載されたリコーダーのパートだけの楽譜ではわかりませんが、第7曲は総譜と比べますと、全休小節が1小節足りませんでした。他のパートとアンサンブルしてみると気づきます。


楽譜は『季刊リコーダー』をベースにして演奏しています。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          鈴木            ボックスウッド
   テナー          竹山            メイプル
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

 

この記事へのコメント