[Jazz] You'd Be So Nice To Come Home To <4ビート>

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
[Jazz Piano] You'd Be So Nice To Come Home To / Cole Porter
URL : http://papalin.yas.mu/W214/#M015V10

  ◇公開日: 2017年7月10日
  ◇演奏時間: 59秒
  ◇録音年月: 2017年7月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




「バイエル程度で楽しめる ジャズ・ピアノ大全集」
このタイトルだと、楽譜を買っちゃいます。(^_^;)

1942年に発表された映画 "Something to shout about" の挿入歌です。コール・ポーターが作曲しました。ジャズのスタンダード曲です。


楽譜はこちらをベースにして、即興アレンジ演奏しています。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーブ
   アルト          ヤマハ          エボニー
   テナー          キュング(プリマ)    ペアウッド
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの人生を応援して下さる方、この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント