◆IL DIVO◆ ウィリアム・バード / ウィロビー旦那の帰還

[CD・楽譜 Studio-Papalin]

画像
"SCHOTT'S ARCHIVE of RECORDER CONSORTS" (LONDON) / William Byrd (c1540-1623) / Rowland (Fitzwilliam Virginal Book Vol.2-160) [S&Co.6084]
URL : http://papalin.yas.mu/W274/#M069 (ショット社)

  ◇公開日: 2014年7月19日
  ◇演奏時間: 1分23秒
  ◇録音年月: 2014年7月
    上のURLをクリックして、
    Papalinの音楽室にてお聴き下さい。




フィッツウィリアム・バージナルの第2巻、160番に掲載されていた、ウィリアム・バードの鍵盤作品です。
Stanley Taylor氏によるリコーダー四重奏用にアレンジされたこの楽譜にも、いかにも鍵盤での装飾といった感じの装飾指示が沢山ついていました。タイトルは何か文学作品などがあるのでしょうか、面白い曲名ですね。それとは裏腹で、曲は感動的です。


楽譜は、手持ちのロンドンSCHOTT社のピースを使用しました。



使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   アルト          メック           オリーヴ
   テナー          全音            チェリー
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・グレートバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの人生を応援して下さる方、この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント