◆IL DIVO◆ マイケル・ミーチ / 2つの小品

[CD・楽譜 Studio-Papalin]

画像
"The Society of Recorder Players" Official Publication (SCHOTT LONDON) / Michael Meech (?-1988) / Two Pieces for Two Descant and Two Treble Recorders [SRP.15]
URL : http://papalin.yas.mu/W276/#M015 (ショット社)

  ◇公開日: 2014年7月16日
  ◇演奏時間: 3分11秒
  ◇録音年月: 2014年7月
    上のURLをクリックして、
    Papalinの音楽室にてお聴き下さい。




マイケル・ミーチに関しても、殆どわかりませんでしたが、やはりリコーダーのリバイバルに貢献した人のようです。1988年に亡くなっています。

ソプラノとアルトからなる2組が音を交わしながら演奏する作品です。2曲とも、音自体はそんなに難しくはありませんが、1曲目のスラーのアーティキュレーション指示には惑わされました。楽譜は今でもSCHOTT社から出版されているようです。装丁は新しくなっています。





楽譜は、手持ちのロンドンSCHOTT社のピースを使用しました。こちらと同じものでしょう。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   アルト          メック           オリーヴ
   テナー          全音            チェリー
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・グレートバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの人生を応援して下さる方、この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

P-san
2014年07月17日 08:28
ミーチといえば「人形芝居」という曲を昔吹いたことがあります。舞台の上で派手に落ちて今でもトラウマですが大好きな曲の一つです。
この2曲も吹いてみたくなりました(でもまた落ちそう…(+o+))
2014年07月17日 08:45
◆◆ ミーチといえば「人形芝居」

P-san、ありがとうございます。
原題だと、Puppet Show, Intermezzo and Romance という作品ですね。ミーチで検索すると、数多く引っ掛かってくるのが、この作品でした。機会があれば、私も演奏してみたいと思います。

ロンドンのショット社による楽譜シリーズですが、この"The Society of Recorder Players" Official Publication の方は、現代(と言ってももう半世紀前になりますが)の作品が集められていて、興味をそそられます。この2つの小品ですが、小品とは私が勝手につけたタイトルでして、短い曲ではありますが、演奏し甲斐もありますよ。アーティキュレーション通りに演奏するには、ちょっとした固定概念を捨てる必要もあって、試されているような気もしました。ですが、楽しめました。