◆IL DIVO◆ モンテヴェルディ / 3声の聖歌集 (1582年) より

[CD・楽譜 Studio-Papalin]

画像
Claudio Giovanni Antonio Monteverdi (1567-1643) / Sacrae cantiunculae liber primus (Venice 1582)
URL : http://papalin.yas.mu/W252/#M001


  ◇公開日: 2014年6月5日
  ◇演奏時間: 13分5秒
  ◇録音年月: 2014年6月
    上のURLをクリックして、
    Papalinの音楽室にてお聴き下さい。



音楽様式の変化に伴って、音楽のスタイルが劇的に変わった作曲家、そういう観点で考えたときに、パッと思い浮かぶ作曲家が少なくとも2人います。一人は中世の音楽からルネサンス時代の音楽の両方を作曲したギョーム・デュファイ。そしてもう一人がこのクラウディオ・モンテヴェルディです。彼は長生きしたこともあって、最初はルネサンス音楽の様式で作曲していましたが、ヴェネツィアに出てからは、それまでとは全く違うと言っても過言でない、バロック音楽を作るようになりました。のちにバロック音楽と括られた様式の創始者の一人と言っても良いでしょう。

今回取り上げたのは、モンテヴェルディが15歳のときの聖歌集で、その早熟さにも驚きますが、この曲集が1582年(彼が15歳のとき)に出版されたということです。経済的にも恵まれていたのでしょうね。

音楽は、基本に忠実なためか、3声であるにも関わらず、縦の線が非常に美しく、またどっしりとした響きになっていると感じました。


楽譜はChoralWiki掲載のものを使用しました。



使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   アルト          メック           オリーヴ
   テナー          全音            チェリー
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・グレートバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント