◆IL DIVO◆ 五線譜でたどる音楽の歴史 C:トロバドールとトルヴェール

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Music History in Examples. From Antiquity to J.S. Bach (Otto Hamburg) / Trobador and Trouvère
URL : http://papalin.yas.mu/W711/#M003

  ◇公開日: 2014年3月15日
  ◇演奏時間: 2分34秒
  ◇録音年月: 2014年3月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




オットー・ハンブルク(Otto Hamburg)著による『五線譜でたどる音楽の歴史(Music History in Examples. From Antiquity to Johann Sebastian Bach)』に掲載された楽譜を用いて演奏しています。

【C:トロバドールとトルヴェール】

6. トロバドール:「5月1日」 / ラインバウト・デ・ヴァケイラス
   Trobador "Kalenda maya" / Raimbaut de Vaqueiras (1155-1207)


トロバドール(trobador, troubadour)たちの芸術の発祥地は南フランス、もっと正確に言えば1100年前後のプロヴァンス地方、つまりオック語地方であったが、12世紀になるとトルヴェール(Trouvère)たちの芸術が北フランスのオイル語地方に広まった。両芸術とも洗練された宮廷詩と音楽であった。それは騎士たちとそれに音もの、多かれ少なかれ天分豊かな楽人たちにおって考え出され(trobar, trouver=見出す)、育まれた。その代表的な人物の名前はかなり多く今日まで伝えられている。ここに取り上げたヴァケイラスのエスタンピーダ「5月1日」は、伝説によれば、彼がモンフェラトの宮廷で聞いた旋律によるもので、その旋律は2人のプラン巣のフィードラー奏者によって演奏されていたという。エスタンピー(estampie)というのは、元来は楽器で演奏される舞曲であり、セクエンツィアと同様に一連のいわゆるプンクトゥム(punctum)という対をなす旋律から成り立っている。対をなす旋律は同じものだが終わり方が違う。初めの場合は開いて(ouvert)、次の場合は閉じて(clos)いる。

拍子の感覚が取りにくい曲でした。歌詞で歌えばまた違うのでしょうね。



7. トルヴェール:「囚われ人は決して己が証しを語らないだろう」 / リシャール獅子心王
   Trouvère "Ja nus hons pris" / Richard the Lion Hearted (1157-1199)


ルイ7世、次いでヘンリ2世の妃であったエレアノール・ダキテーヌがトロバドールたちを援助したので、ノルマンディにあった彼女の城には多数のトロバドールが集まった。彼女の息子リシャール師子心王は、この宮廷芸術に没頭し、トルヴェールとして名をはせた。彼の作である「囚われ人は決して己が証しを語らないだろう」は、当時よく用いられたバラード(ballade)形式で作曲されている。

現代人である私たちに馴染みの有節歌曲と似たものが、既に作られていたのですね。



8. 第2世代のトルヴェール:「ロビン(ロバン)とマリオンの劇」 / アダン・ド・ラ・アル
   Trouvère "Le jeu de Robin et de Marion" / Adam de la Halle (c1237-1286)


所々に旋律の付いているこの素朴な牧人劇は、ひとりの騎士の介在ではばまれる村の男女の愛の物語であるが、民謡風の旋律が付いている初期のパストラール(pastourelle,牧人劇)の一例である。上演に際しては、おそらく楽器も使用されただろう。

8分の6のリズムは、およそ1世紀前のレオナンやペロタンの音楽の流れでしょうか。



楽譜は、アカデミア・ミュージックから1982年に徳永隆男・戸口幸策による共訳で1982年に出版された
五線譜でたどる音楽の歴史』を使いました。



使用楽器

   ソプラノ         モーレンハウエル   キンゼカー
   アルト          モーレンハウエル   キンゼカー
   テナー          モーレンハウエル    キンゼカー
   バス           モーレンハウエル   キンゼカー
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

novus_amor
2016年05月15日 23:40
懐かしいです!20代のころ(47年前)この系LPを買いあさっていました。ハルモニア・ムンディとかアルヒーフとかです。引っ越しを転々としているうちに処分してしまいましたがこうしてネットで見つけることができて感激です
Papalin
2016年05月16日 08:58
◆◆ ハルモニア・ムンディとかアルヒーフ…

novus_amorさん、ありがとうございます。
随分と古くからの古楽ファンでいらっしゃいますね。
私にとりましても、これらのレーベルは本当に嬉しいシリーズでした。やがて、これらがCDでセット販売となり、その価格の安さに驚いたりもしましたが、ありがたいので購入しました。今は、聴く側から演奏する側になって参りました。(*^_^*)