◆IL DIVO◆ 月刊ピアノ 北の国から - 遥かなる大地より - <コードの時間>

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Monthly Piano Magazine by YAMAHA / Study of the Music Chord series (Rank -) / Kitano Kunikara Harukanaru Daichiyori
URL : http://papalin.yas.mu/W269/#M008V05

  ◇公開日: 2014年3月9日
  ◇演奏時間: 31秒×2take
  ◇録音年月: 2014年3月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




手頃な値段の、ヤマハ『月刊ピアノ』誌に掲載されるピアノ用の楽譜を参考に、独自にリコーダー・アンサンブル用にアレンジして演奏しています。

2014年2月号の「コードで弾いて、コードを知ろう! コードの時間」 シリーズ(2013年12月から連載開始)から、「北の国から - 遥かなる大地より -」を演奏しました。

30年以上前に初放送され、以来長く愛され続けているTVドラマ『北の国から』。この名作ドラマとともに今も多くの人々の心に残るのが、その美しいテーマ曲です。毎年この時期になるとどこかで耳にするメロディです。


teke1では、ピアノの左手で弾く3和音を、なるべく手の移動を少なくして、転回形を使って演奏しましょうという例で、take2ではそれを原曲の持つギターのイメージに沿うようにアルペジオで演奏する例です。

リコーダーのグループ・レッスンの際に、私は長和音の場合には3音が鍵ですとレッスンしますが、あるとき質問されました。「それって、伴奏の音に出てきた場合のことですよね。旋律の場合はいいんですよね?」 私の答は「旋律もです。」でした。目を丸くされていましたが、管楽器奏者の場合は(ヴァイオリンやヴィオールなどの弦楽器奏者もそうでしょうけれど)、常にこのことを考えながら演奏していると思います。

ということで、和音演奏のテストみたいで、ある意味恐い演奏作品です。
テナー・リコーダー1本(旋律)と、伴奏はバス・リコーダー3本で演奏しました。

楽譜はYAMAHAの『月刊ピアノ』を使いました。



使用楽器

   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   アルト          メック           オリーヴ
   テナー          全音            チェリー
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント