◇IL DIVO◇ Papalinが選んだ 2013 ベスト22 [前半]

Papalinが選んだ「2013年 ベスト22」です。

画像
 
新年 明けまして おめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。

Papalinが選んだ、2013年演奏作品のベスト22をご紹介します。
22というのは、選んだ結果が22曲だったということでして、勘弁して下さい。
リコーダー演奏の曲も歌も一緒にして、全部で22曲を選びました。

さて、一体どういう基準でベストテンを挙げるかということですけれど、様々な
ファクターがあります。文句なしに、演奏が良い! というのは殆どないので
すが、出来の悪い、質のあまりにも悪いものは選外となります。それから、
リコーダーJPから発売された楽譜に添付されたCDの楽曲も選外としました。

観点としては、今まで取り上げなかった作曲家、楽曲というのは大きな要素です。今年の選曲の特徴は、リコーダー用の楽譜以外のものを使用したリコーダー・アンサンブルが多いことでしょうか。これは私の演奏の大きな一つの特徴だと思っていますので、今後も続けていきたいと思っています。

前置きは短い方が良いですね。私は順位ではなく、演奏順に22曲を紹介致しましょう。




(1) おお死よ (カルロ・ジェズアルド)

『世界音楽史 四つの時代』という著書に出会わなかったら、この"偉大な"イタリアの作曲家を知ることがなかったかも知れません。この曲を知って、彼の作品を端から演奏しましたが、この曲は特に印象的です。そういう一曲を譜例として選定したこの著書にも敬意を表します。
http://grappa60.at.webry.info/201212/article_25.html
http://papalin.yas.mu/W708/#M010V04


(2) トリスタンとイゾルデ(リヒャルト・ワーグナー)

ジェズアルドと同じく、『世界音楽史 四つの時代』の「クロマティシズム」という項に掲載された楽譜でした。リコーダーでワーグナーの曲を演奏することになるとは思ってもみませんでしたが、好みの曲は何でもリコーダーでアンサンブルしてしまうという性格から生まれた作品です。長い曲で、全曲を演奏しなかったことが悔やまれます。
http://grappa60.at.webry.info/201212/article_25.html
http://papalin.yas.mu/W708/#M010V08


(3) 聖務日課 (ヴィクター・イケホウト)

彼はコンピュータ・サイエンティストでありながら、リコーダー・アンサンブル用の作品をしているUSAの大学の先生です。創造に充てる時間が足りないのが悩みと仰っていましたが、そう間をあけることなく次々と傑作を輩出し、新作が完成すると、ご自分で多重録音されたあと、すぐに私に楽譜を送付して下さいます。こうして彼のリコーダー作品は殆ど演奏していますが、この聖務日課(Hours)は彼の内面的な奥底のものを音にして表現しているように思い、惹かれる作品です。彼も私も気に入っている楽章、Vespersが12月に完成したばかりです。
http://grappa60.at.webry.info/201312/article_11.html
http://papalin.yas.mu/W261/#M002


(4) ローレライ (フィリップ・フリードリヒ・ジルヒャー)

ピアノ用の楽譜を使って演奏した「日本のうた30 (JAZZアレンジで弾く)」のシリーズがが好評だったので、「世界のうた (JAZZアレンジで弾く)」に手を伸ばしました。ジャズ・アレンジのリコーダー・アンサンブルとのマッチング性の良さを再確認したシリーズでもありました。秀逸なアレンジの作品が20曲収められていましたが、一曲だけ上げるとするなら、ローレライです。重厚な中にも、おどけた高音が登場したり、中間部のアドリブ風のところの編曲の出来は素晴らしいと思います。リアルのグループでもこうした曲を取り上げて戴きたいと思います。
http://grappa60.at.webry.info/201301/article_30.html
http://papalin.yas.mu/W262/#M021V20


(5) 荒野のくいしんぼう (金子健治)

この曲は、リコーダー奏者でもある金子健治さんが、リコーダー・アンサンブルのために書かれた作品です。誰が聴かれても西部劇を想像するのではないでしょうか。アンサンブルとしては決して容易ではあない曲ですが、こういう曲を小気味よく演奏できたら楽しいでしょうね。曲集の4曲目「チャルメラ・ダンス」も捨てがたいです。
http://grappa60.at.webry.info/201302/article_2.html
http://papalin.yas.mu/W211/#M011V14


(6) 病気のお人形、人形のお葬式、新しいお人形 (ピョートル・チャイコフスキー)

こどものためのアルバム(24のやさしい小品)からの3曲です。私が勝手に3部作と名付けているのですが、3曲は忘れることができません。チャイコフスキーは一体どんな心情でこれらの曲を書いたのでしょうね。でも憎らしいことに、この3曲がなかなか良いのです。
http://grappa60.at.webry.info/201302/article_11.html
http://papalin.yas.mu/W240/#M101V06


(7) 「子供の情景」から 「むきになって」 (ロベルト・シューマン)

いかにもシューマンらしい曲で、シューマン好きの私としては選ぶべくして選ばれた曲でもあります。一貫してシンコペーションで押しまくる曲で、ピアノではさほど難しくないと思うのですが、リコーダー・アンサンブルではいきなり難度が高くなります。リズムにかなり気を取られるので、なかなか表現まで到達していません。前置きで書いたことだとお思いでしょうけれど、まぁまぁまぁ…。
http://grappa60.at.webry.info/201302/article_17.html
http://papalin.yas.mu/W240/#M121V10



(8) 「魔女の宅急便」から 「身代りジジ」 (久石 譲)

ご存知、スタジオ・ジブリの「魔女の宅急便」は、登場人物(動物)全てが魅力的でした。キキは元より、お母さん、パン屋のおソノさん、画家のウルスラ、ボーイフレンドのとんぼに、猫のジジ、その彼女のリリー。パイを届けられる老婦人も良かったなぁ。結局、楽譜に掲載された全曲を演奏しましたが、中から1曲だけを選ぶことは大変でした。荒井由美が歌った歌も捨てがたいのですが、ここはあえて「身代りジジ」にしましょう。彼の気持ちを慮ると、今でもドキドキします。曲もピッタリです。
http://grappa60.at.webry.info/201303/article_7.html
http://papalin.yas.mu/W264/#M001V07



(9) 「レ・ミゼラブル」から 「夢やぶれて」 (クロード=ミシェル・シェーンベルク)

2013年封切のミュージカル映画の傑作から、スーザン・ボイルも歌った「夢やぶれて」を選びました。彼女のように上手に歌えませんが、心を打ついい歌です。
http://grappa60.at.webry.info/201303/article_13.html
http://papalin.yas.mu/W604/#M001V02



(10) ミサ・プロ・デフンクティス (ヨハネス・オケゲム)

歌が続きます。ポリフォニーとして現存する最古の死者のためのミサ曲(レクイエム)ですが、オケゲム自身がバス歌手でもあったというだけあって、バス・パートが非常に物語っています。世にレクイエムを含むミサ曲はどれだけ残されているのでしょうか。ミサ曲、中でもレクイエムは私にとっては重要な音楽です。
http://grappa60.at.webry.info/201308/article_14.html
http://papalin.yas.mu/W047/#M001



(11) ヴァース・アンセム (オーランド・ギボンズ)

いかにもイギリスの宗教曲と言った感じの、おおらかでゆったりとした曲で、好きな曲となりました。リコーダー・アンサンブルでの演奏も、そんな感じが出ているのではないかと思いますが、リコーダー・アンサンブルを伴奏とした独唱を含む男声合唱版が好みです。
http://grappa60.at.webry.info/201307/article_8.html
http://papalin.yas.mu/W049/#M053




さて、22曲のちょうど半分になりました。
ichiさんと同じく、ここで一旦休憩とさせて下さい。続きはこちらです。



2013年、本当にありがとうございました。
2014年も、宜しくお願い申し上げます。 



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

ミール
2014年01月03日 09:32
荒野のくいしんぼうが入っていたのに少しびっくりでしたが、すべてを把握しているわけでもないので、以前演奏したことがありますが、考えもなく通り過ぎていました。金子さんの作品は吹きやすくて良い曲やアレンジモノが多いですね。 (12時間前)
Papalin
2014年01月03日 09:32
◆◆ ミールさん、わたしが食いしん坊なもので…。あせあせ(飛び散る汗) 金子さんのアンサンブル作品は楽しめていいですね。かといって、簡単にバシッと決まる演奏にするにはそう容易くはないところがミソです。 (47秒前)