◆IL DIVO◆ オリンピック東京大会 ファンファーレ

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Tokyo Orympic Fanfare 1964 / Imai Mitsuya
URL : http://papalin.yas.mu/W236/#M008

 
  ◇公開日: 2013年11月2日
  ◇演奏時間: 34秒
  ◇録音年月: 2013年11月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




大先輩である今井光也さんの記事が今朝の地元紙に掲載されました。小学生の頃オーケストラの生演奏を初めて聴いたのは、伝統あるアマチュアの諏訪交響楽団の演奏でしたが、その時に指揮をされたのが今井光也さんでした。その今井さんは、1964年のオリンピック東京大会のファンファーレを作曲した方でもあります。

画像
地元紙には本当に小さくですが、公式パンフレットに掲載された楽譜と今井さんの写真が載っていました。その横幅5cmくらいの楽譜を見ながら、リコーダー四重奏で演奏してみました。オリンピックが開かれたときはまだ3歳だったので、その後のTV放映でこの曲を覚えているのでしょうけれど、こうして演奏してみますと、Gmのマイナー・コードで終わるファンファーレというのは意外ですね。公募で選ばれたということですが、その意外性も選考された理由の一つかも知れません。

2020年東京大会のファンファーレに関するブログではなくて恐縮です。



楽譜は、新聞に掲載されたものを使用しましたが、こちらのサイトでも見られました。



使用楽器

   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   アルト          メック           オリーヴ
   テナー          全音            チェリー
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

2013年11月03日 05:45
懐かしいメロディーです。
あの頃の日本は胸を張っていました。時代の未来を、信じていた。
どことなく雅楽をイメージする旋律には気品がありました。
そしてマイナーコードで終わるファンファーレ。誇らしげで、同時に渋い。
今度の東京オリンピックのファンファーレが、この今井さんの作品以上の品格を持ちうるだろうか。気になるところです。
Papalin
2013年11月03日 18:52
◆◆ 今度のファンファーレが、この今井さんの作品以上の品格を…

aosta、ありがとう。
1964年大会の組織委員会が、NHKと共催でファンファーレを懸賞応募によって行うことを決めたのが1962年、今井さんは締切ぎりぎりの日に、寄せ集めた古い五線紙に総譜とパート譜を書いて、翌日送ったそうな。アジアで初めて開かれるオリンピックということもあって、東洋的なイメージにしたいと思い、琴の調弦音を意識して作曲したようです。応募総数414編からこの"力強い気迫と神秘的な東洋情緒を併せ持った傑作"が選ばれとのこと。今井さんが40歳になるかならないかの時のことです。

今度の2020年大会も応募で決まるとすれば、沢山の若者が応募するでしょう。"品"という観点では、是非とも重みをもたせて評価してほしいよね。
 
ichi
2013年12月31日 14:32
2013.ベスト10の最後を飾るのは、今井光也作曲 東京オリンピックファンファーレです。勿論聞いたことはありましたが、改めて聴かせていただいて、初めて曲の良さがわかったようなきがします。東京オリンピック楽しみですね。
Papalin
2014年01月04日 11:30
◆◆ 初めて曲の良さがわかったようなきがします。

ichiさん、ありがとうございます。
渋いところを選んで下さいました。

ブログ本文に書いた通り、これは地元の朝刊に楽譜が写真で掲載されていて、それを元に演奏したのですが、今井さんはB管トランペットのために作曲されていたということをすっかり失念していて、原音よりも2度高い音で演奏してしまったということに、あとで気付きました。トランペットは移調楽器でした。(^_^;)

2020年の東京オリンピックのファンファーレも楽しみです。

この記事へのトラックバック