◆IL DIVO◆ 18: 『楽譜の歴史』 奏法譜(タブラチュア) 【鍵盤譜】

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Music Gallery 3.Tablature - 2.Keyboard works
URL : http://papalin.yas.mu/W708/#M122

 
  ◇公開日: 2013年10月12日
  ◇演奏時間: 3分28秒
  ◇録音年月: 2013年10月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。





鍵盤楽器を演奏するための楽譜(奏法譜)が、近代記譜法の元になったというのがよく分かる楽譜です。こうして紆余曲折を経て、現代の五線譜に集約されていったのですね。



【47.第1リチェルカーレ (カヴァツォニ作曲 鍵盤曲) (16世紀 イタリア)】

画像
1523年に刊行されたイタリアのマルコ・アントニオ・カヴァツォニ(c1490-after1559)の鍵盤曲集です。6本の譜線、ハ音記号を用いていますが、上下2段の配置、小節線の使用など、15世紀のレーナ写本の譜法を受け継ぐもので、近代記譜法を先取りしています。音符に添えられた黒点は半音変化を示しています。第1小節の2拍目はロ音ではなく、変ロ音となります。曲は第1リチェルカーレですM.A.Cavazzoni, Ricerchari Motetti Canzoni, Libro primo)。

確かに変化音を示す黒点がはっきりと見えます。2分の2拍子の、2分割法による楽譜です。これらは近代的な記譜の特徴ですね。一方のハ音記号の使用や、加線をなるべく用いないための6つの譜線や、各段の右端に書かれている、次の段の最初の音を示す誘導マークなどは、昔からの伝統に基づく表記です。古いものに新しいものが加わっているという感じの楽譜です。

こちらも鍵盤用の曲ですので、オルガンを祖先に持つ鍵盤ハーモニカで冒頭の3小節を演奏してみました。昭和40年代の楽曲教育で用いた歴史的楽器なので、低音の方は、鍵盤を押してから音になるまでに若干のタイムラグがあります。その欠点をカバーして演奏できるだけの技量がありませんで、ご容赦願います。




【48.パッサメッツォ舞曲 (ジョヴァンニ・ピッキ作曲 鍵盤曲) (17世紀 イタリア)】

画像
1620年に刊行されたイタリアのジョヴァンニ・ピッキ(fl.1600-1625)の鍵盤舞曲集です。曲はパッサメッツォ舞曲、右手は5線で第1線がト音、左手には8線を用い、ハ音記号とヘ音記号の二つを使用しています。鍵盤の広い音域に対応するためには加線を用いるよりも、この方が適切ということなのでしょう。下段の3小節目では(右手に)ハ音記号を導入してまで加線の使用を避けています。添えられた数字は音高の表示です。半音変化は変記号、嬰記号で明示されています(G. Picchi, Balli d'Arpicordo)。

この著書で、初めてト音記号が登場したでしょうか。私たちが最も慣れ親しんでいるト音記号は、実は最も歴史の浅いものだったのですね。それから、♭や#の記号が見えます。両方とも現代の形によく似ています。♭の方は、グイード・ダレッツォ(Guido d'Arezzo c991年-1050)の考えたソルミゼーションの頃から、柔らかいBの音という意味で使われた小文字のbから来ています。

また注目すべきは、同じ音をタイでつなげて、より長い音価にしている点です。今では当たり前のことですが、こうした表記方法を最初に考えて、弓の形で表記した人がいたということですね。

この曲を私が歴史的鍵盤ハーモニカで演奏するには、多重録音をすることが要求されますので、得意のリコーダー・アンサンブルとして演奏することに致しました。ピッキのこの曲、なかなか惹き込まれる音楽です。たったの3小節ではもったいないですね。ということで、残念ながら同じ曲の現代譜は見つかりませんでしたので、8声のカンツォンをリコーダーで演奏しました。合わせてお聴き下さい。



楽譜は、音楽之友社のISBN4-276-38008-1 C0073を使用しました。



使用楽器

   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   キンゼカー(メイプル)
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   ソプラノ         フェール         パリサンダー
   アルト          モーレンハウエル   キンゼカー(メイプル)
   アルト          メック           オリーヴ
   テナー          モーレンハウエル   キンゼカー(メイプル)
   テナー          メック           ボックスウッド
   テナー          全音            チェリー
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル

   チェンバロ       ギタルラ社        フレミッシュ・タイプ
   鍵盤ハーモニカ    鈴木楽器         メロディオン
   ギター          クラシック・ギター
   打楽器         大小ジャンベ、鐘等



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック