◆IL DIVO◆ ヒンデミット / プレーンの音楽の日「夕べの音楽会」 トリオ [442Hz C]

≪毎日がコンサート本番!≫

画像
Paul Hindemith (1895-1963) / Plöner Musiktag, D: Abentkonzert 5: Trio for Blockflöten (1932) [A=442Hz in C]
URL : http://papalin.yas.mu/W215/#M008

 
  ◇公開日: 2013年10月02日
  ◇演奏時間: 9分42秒
  ◇録音年月: 2013年10月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




一度演奏してみますと、しっくりくるテンポがどのくらいなのか、想像つきます。クライアントがモダンピッチでも演奏してとせがむので、再び演奏してみました。1楽章のAllegroは、take1よりも若干テンポを落として、2楽章のVivaceは逆に、少しテンポを上げてみました。3楽章は思いっきりゆっくりと…。

セカンドのパートをアルトで演奏するか、それともテナーで演奏するか、という選択がありましたが、テナーの高音を活かしたいと考えての選択です。

音が間違っていましたら、ごめんなさいします。



楽譜は、Schott社のED 10094-01を使用しました。ヒンデミット全集に基づく版は、こちらにあります。


使用楽器

   1st   アルト      メック      オリーヴ
   2nd   テナー      全音      チェリー
   3rd   テナー      全音      チェリー




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

クライアント
2013年10月04日 00:18
Papalinさん、
ありごとうございました。
バロック音楽は442の演奏よりも415の演奏の方が落ち着いた感じでいいなぁと思うのですが、この曲は物足りなさを感じていました。現代曲だからなのでしょうか?

モダンピッチのおねだり・・・ちょっと控えめにしたつもりでしたが・・・(笑)
セカンドのテナーという選択、考えもしませんでしたが、響きがいいですね。
ちょっとやってみようと思いましたが、パニックに陥りそうなので今回はアルトで頑張ります。
スイッチが入りましたよ~!!
Papalin
2013年10月05日 07:31
◆◆ モダンピッチのおねだり … ちょっと控えめにしたつもり

yuriさん、ありがとうございます。
まぁそういうことにしておきましょう。モダンピッチで再演奏しなかったら、その次の原調での演奏もなかったでしょうし。(*^_^*)

テイク2、テイク3と進むにつれて、曲自体がわかってきますので、物足りなさは解消されたでしょうか。

この編曲者の楽器指定は、SAAでしたね。最後のAのパートはTでも良いと添え書きされていましたが、私は敢えてATTで演奏してみました。実はこれ、ヒンデミットのすごいところで、リコーダーの音域を端から端まで使うのではなく、作曲されているということです。近現代曲だからといって、全部使う必要はないんだよと言っているような気もします。もちろん、楽器特有の響きがありますので、お好みで楽器選択していいと思います。なにせ元は短3度低い調ということを加味しても、A管アルトとD管テナーによる演奏だったということですから。
 
クライアント
2013年10月23日 10:52
Papalinさん

無事、発表会で演奏することが出来ました。
アンサンブルで練習する時間もあまり取れない状況の中、このおねだりのおかげで、見えなかったものが、浮き出てきて、とても助かりました。
思いがけない失敗もありましたが、練習の喜びを今実感しています。
ありがとうございました。(^^)
Papalin
2013年10月24日 08:45
◆◆ 練習の喜びを今実感しています。

yuriさん、ありがとうございます。
「本番は練習のためにある」 いい言葉ですよね。
新たな領域にも果敢にチャレンジするyuriさんの姿が眩しいです。
 

この記事へのトラックバック