◆IL DIVO◆ ユゴー・ド・ランタン / ロンドー 「私は私の楽しみを失った」

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Hugo de Lantins (fl.1420-1430) / Rondeau "J'ay maioie ben perdue"
URL : http://papalin.yas.mu/W038/

 
  ◇公開日: 2013年8月6日
  ◇演奏時間: 2分4秒
  ◇録音年月: 2013年8月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




実は、素晴らしいを見つけたのです。
「フランドル楽派の音楽家たち」に関する非常に詳しい、そして
midiでの音源も作成されているサイトです。そのサイトに、
楽譜が公開されている曲がありました。それが、この曲です。

一つ前に演奏したアルノルドという作曲家の名前も、実はこちらのサイトで知りました。アルノルドとユゴーは血のつながりがあるかも知れませんが、確証はないようです。ユゴーのこの曲の現代譜を作成するに当たって、オリジナルの楽譜に不明点があったようですね。その旨が書かれていまして、何と、その解決に当たってはあの「まうかめ堂」さんのサイトが役立ったと書かれています。この二つのサイト、私にとってはバイブルですね。

こちらは歌えませんでした。だからということでもないのですが、リコーダー三重奏で全体を繰り返し、2度目にはオクターブで音を重ねてみました。



楽譜は、上記サイト(Gamuto Niimiさんのサイト)のユゴー・ド・ランタンのページから借用致しました。



使用楽器

   アルト       メック      オリーヴ
   テナー       全音       チェリー
   バス        ヤマハ     メイプル
   グレートバス   キュング    メイプル




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

ichi
2013年08月07日 12:21
強いインパクトがあるわけではないのですが、雰囲気があってとてもいいと思いました。ヴィオールを想像して聴いたからか?押さえた淡々とした音色だと思いました。オクターブで音を重ねたのは正解だと思います。後半の方が弦の響きに近いものを感じました。倍音が鳴っているように感じるからでしょうか?
Papalin
2013年08月07日 14:24
◆◆ 押さえた淡々とした音色だと思いました。

ichiさん、ありがとうございます。
抑制の効いた演奏になっていたでしょうか。 (#^.^#)
リコーダー・コンソートの場合、オクターヴ・ユニゾンというのは雰囲気が出ますね。各パートをオクターブ上で重ねるのは、元のパートの第2倍音が実音で鳴るわけですから、自然な響きとも言えますね。こうした演奏は、ルネサンスものには特に有効かも知れません。一応ユニゾンですから、最大限の怖さが伴いますが。(^_^;)

ちなみに私は、ピアノの2オクターヴ・ユニゾンの音が好きです。その響きは西洋ではなく、東欧だったり、北欧だったり、ロシアだったり、なたまたエキゾチックな響きがします。
 

この記事へのトラックバック