◆IL DIVO◆ ギョーム・デュファイ / 12の宗教曲と世俗曲

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Guillaume Dufay (c1397-1474) / 12 Sacred and Secular Songs
URL : http://papalin.yas.mu/W043/#M103

 
  ◇公開日: 2013年7月21日
  ◇演奏時間: 26分10秒
  ◇録音年月: 2013年7月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。





この曲集は、後世の人が12曲を抜粋し、現代譜にトランスクライブして、まとめて出版したものだと思いますが、これらの曲を演奏して、やっと一つ前に演奏した聖歌集の付録の曲たちがデュファイ自身の音楽だと確信しました。デュファイは長生きしたとはいえ、一生の間で中世の音楽から、このように劇的にルネサンスの音楽に移行ったというのは素晴らしいですね。

今回演奏た第一曲目(Flos florum)を是非お聴き下さい。もうそこには、中世末期の技巧を追い求める音楽家の姿は見えません。むしろそれらとは正反対のところに位置する、叙情性溢れる"人間の音楽"がそこにあります。解き放たれたのですね。12曲の中のほんの何曲かに登場する中世の響きが懐かしくさえ感じます。

本当にいいです、ギョーム・デュファイ。



楽譜は、IMSLPから借用しました。



使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ        モーレンハウエル    グラナディラ
   アルト         メック            オリーヴ
   テナー        全音            チェリー
   バス          ヤマハ           メイプル
   グレートバス     キュング         メイプル
   コントラバス     キュング         メイプル




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック