幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ インスブルックよ さようなら / ハインリッヒ・イザーク 【男声合唱】

<<   作成日時 : 2013/04/19 07:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Insbruck, ich muss dich lassen / Heinrich Isaac (1450?-1517) [Male Chorus] (recorded in 2013)
URL : http://papalin.yas.mu/W207/#M031

 
  ◇公開日: 2013年4月16日
  ◇演奏時間: 2分21秒
  ◇録音年月: 2013年4月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




北御門文雄さんが編集されたリコーダー四重奏曲集から、
第1集の「ルネサンス声楽曲」の演奏に再度取り組みました。

歌ってみようプロジェクト(?)の第2弾は、Papalinの定番でもある「インスブルックよ さようなら」です。中学生の頃に生のリコーダー・コンソートで初めて耳にし、その後高校生になってからだったかどうかは忘れましたけれど、NHK-FMの番組で声楽アンサンブルによるこの曲を聴き、2度感動した曲です。

さまざまな楽譜がChoralWikiにて公開されていますが、たまたま私が印刷した楽譜に、2分音符=80という記載がありました。『え、そんなに速いの?』と思ったのですが、それで歌ったらどんんあ感じになるのだろう? そんな安易な動機で歌ったのが、今回のヴァージョンとなります(過去も何度も歌っています)。

ほほう、これも悪くないではないか。というのが歌った後の感想です。この曲も、北御門さんの楽譜とは異なる箇所がありまして、新鮮でした。そうそう、3番をゆっくり歌ったのも私の思いつきで行ったまでのことです。英語の歌のすぐ後に歌ったので、ドイツ語らしく聞こえないですね。諸々すみませんです。 (_ _)



楽譜は、ChoralWikiから借用致しました。



曲目

  今こそ別れ / ジョン・ダウランド
     Now, o now I needs must part / John Dowland (1563-1626)

  モテト ”すでに時は来れリ” / ジョセッフォ・ツァルリーノ
     Motet "Ecce iam venit plenitudo" / Gioseffo Zarlino (1517-1590)

  こおろぎ / ジョスカン・デ・プレ
     El grillo / Josquin des Prez (1450-1521)


  インスブルックよ さようなら / ハインリッヒ・イザーク
     Insbruck, ich muss dich lassen / Heinrich Isaac (1450?-1517)


使用楽器 (A=440Hz)

   Papalin




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


「ルネサンス声楽曲」の全曲を収めたCDは、こちらからお求め戴けます。





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
違うアレンジがまた良いですね。
ichi
2013/04/19 09:31
◆◆ 違うアレンジがまた良いですね。

ichiさん、ありがとうございます。
どちらがイザークの書いた本物なのかは調べていませんが(すみません)、どちらも味があると思います。実際に歌っている時に、耳慣れていないフレーズが登場するとドキッとしますけれどね。(^_^;)
 
Papalin
2013/04/19 09:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ インスブルックよ さようなら / ハインリッヒ・イザーク 【男声合唱】 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる