◆IL DIVO◆ 『魔女の宅急便』 (2)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Kiki's Delivery Service (Sound track & Image songs) (2)
URL : http://papalin.yas.mu/W264/#M001V12

 
  ◇公開日: 2013年3月19日
  ◇演奏時間: 37分8秒 (18曲)
  ◇録音年月: 2013年3月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




『魔女と宅急便』のサウンド・トラックとして楽譜に収録されている曲が、全て演奏し終わりました。

面白い曲が幾つかありましたよ。「プロペラ自転車」、「とべない!」なんかいいですね。
泣かせてくれる曲としては「傷心のキキ」、本当に神秘な雰囲気を醸し出している「神秘なる絵」。
奇抜な曲の「暴飛行の自由の冒険号」、そして演奏も大変だった「おじいさんのデッキブラシ」

どれも良かったということですね。(^^♪



画像
楽譜は、2001年廃業の東京音楽書院が1990年に
発刊したもの(ISBN 4-8114-1630-9)を使いました。

リコーダーだと、カルテットかクインテッドくらいでも
楽しめそうな感じがします。

今回演奏した7曲にも、楽譜のミスが目立ちました。



曲目

  12. プロペラ自転車 (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     A Propeller Driven Bicycle (Hisaishi Jo)

  13. とべない! (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     I Can't Fly! (Hisaishi Jo)

  14. 傷心のキキ (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     Heartbroken Kiki (Hisaishi Jo)

  15. ウルスラの小屋へ (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     To Ursula's Cabin (Hisaishi Jo)

  16. 神秘なる絵 (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     An Unusual Painting (Hisaishi Jo)

  17. 暴飛行の自由の冒険号 (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     The Adventure Of Freedom Out Of Control (Hisaishi Jo)

  18. おじいさんのデッキブラシ (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     The Old Man's Push Broom (Hisaishi Jo)

  19. デッキブラシでランデブー (久石 譲 ~ サウンド・トラック)
     Rendezvous On The Push Broom (Hisaishi Jo)


使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ         モーレンハウエル     グラナディラ
   アルト           メック            オリーヴ
   テナー          全音             チェリー
   バス            メック            メイプル
   グレートバス      キュング           メイプル
   コントラバス       キュング           メイプル
   サブ・コントラバス   キュング           メイプル (+エフェクタ)




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

ichi
2013年12月31日 14:20
2013.第9位は、魔女の宅急便から、おじいさんのデッキブラシをえらびました。劇中の音楽のようですが、なかなか聞き応えがあります。
2014年01月04日 11:25
◆◆ 劇中の音楽のようですが、なかなか聞き応えがあります。

ichiさん、ありがとうございます。
私もこの曲が気に入っていて、YouTubeにも上げました。⇒
でも選んだのは「身代りジジ」でしたけれど。(^_^;)

「おじいさんのデッキブラシ」のような曲は、物語の中の音楽としては非常に重要な位置を占めると思うんです。それはゲーム音楽でも、テレビ・ドラマでも同じですが、人の心を掻き乱す音楽って絶対に必要で、そしてそれは正しく掻き乱してくれないと困ります。ハラハラ、ドキドキ、エ~、キャ~!という起承転結が1曲の中に組み込まれていなくてはいけません。この曲、そのセオリー通りだと思いませんか?