◇IL DIVO◇ 2012 笛 ベスト12

Papalinが選んだ「2012年 笛のベスト12」です。


何はともあれ、2012年、Papalinの音楽をお聴き下さった方に、心から感謝致します。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

恒例になりました、この一年間の演奏作品で、Papalinが選んだ"笛のベスト作品"を発表します。
ちなみに、2011年のベスト作品は、これこれ でした。一年って、本当に早いですね。

今年も昨年のように、IL DIVO Papalinのサイトの更新履歴を辿って、印象に残った作品"をピックアップしてみました。結果として、12組(12曲ではないのですが・・・)となりました。2012年だから12曲ということはありません、念のため。



画像



それでは、演奏順に12組を紹介します。



(1) 栗コーダーのクリスマス  《1月》

そういえば、2年前の年末年始も栗コーダーでした。なぜかこの時期に縁があるようですけれど、今年の年末年始はなさそうです。栗コーダーの音楽は非常に楽しいし、意外でもありました。4冊目が発売されたらきっと演奏しますよ。

以下まったく同じなのですが、沢山の曲の中から1曲だけ選ぶのは非常に困難ですが、無理して選びます。

1曲選んだのは「18. 三日月町のクリスマス / 川口義之」です。伝統的なクリスマス・ソングも沢山紹介して戴きましたが、この曲は栗コーダー・カルテットらしくて好きです。




(2) 広瀬量平 / ラメンテーション(哀歌)  《2月》

1月下旬から2月上旬にかけて、私にしてはめずらしくスランプがありまして、約3週間ほどリコーダーとも歌とも離れた生活を送っていました。一時は音楽に手がつかない状態でもあったのですが、逆に音楽に対する情熱も日々、より大きなものになっていったのを感じていました。満を持してという言葉はこういうときのためにあるのだと思いながら、復活の演奏として選んだ曲が、ほかでもない広瀬量平さんのこの曲でした。まさか多重録音でできる曲ではないと、ずっと諦めていましたが、不可能って自分で決めているだけなのだということもわかった曲でした。



(3) バッハ / コラール 全371曲  《2月》

実は2011年に前半の200曲を演奏していましたが、おかげさまで全371曲を演奏することができました。バッハの4声のコラールは全て、リコーダー・カルテットの基本ともすべき曲だと思っています。

1曲選んだのは、「328. Liebster Jesu, wir sind hier (BWV373)」です。この曲、やっぱり好きです。




(4) 斉藤恒芳 / "TANGUERA" (Para flautas dulces)  《3月》

斉藤さんの作品は、こ自身がリコーダーを演奏される方でもあることから、非常にリコーダー・アンサンブルにピッタリの作品が多いと思います。そんな斉藤さんのライブラリに、また一つ情熱的な作品が加わりました。7月のコンサートでも演奏した思い出の曲となりました。




(5) バッハ / ブランデンブルク協奏曲 第6番  《3月》

いつかブランデンブルク協奏曲第6番を軽快でご機嫌なテンポで演奏したい・・・そうした思いが実際の演奏となって実を結びました。旋律はアルト・リコーダーを使ってというオクターブ高い音での演奏という選択肢は最初からありませんでした。バス以下の大きな楽器たちが大活躍した曲です。



(6) 日本のうた30 (JAZZアレンジ)  《4月》

普段は楽譜公開サイトから楽譜を借用して演奏することが圧倒的に多いのですが、買って本当に良かったと思った楽譜がこちらでした。日本のうた、西洋の楽器であるリコーダー、アメリカの音楽であるジャズ、この3つが見事に融合し調和できたのではないかと感じています。ひょっとしたら2012年の最高傑作かも知れません。

1曲選んだのは、「からたちの花」です。素晴らしいアレンジです。




(7) ホルボーン 作品集  《4月》

パヴァンとガリアードをこんなに沢山演奏することになろうとは思ってもみませんでした。予想外に感じの良い曲が多く、飽きることなく楽しませて戴きました。

1曲選ぶとするなら、コンサートでも演奏した最後の曲:"Heigh Ho Holiday"でしょうか。




(8) テレマン / 序曲 ヘ短調(ニ短調) TWV55:f1  《5月》

私のテレマンに対する印象が変わった曲でもありました。さまさまな作曲家がフランス風序曲を作っていますが、このテレマンの作品は非常に内面的で、一度で好きになってしまいました。

ということで、1曲目のOuvertureを選びます。




(9) リュリ / 歌劇「アルミード」 LWV.71  《8月》

一つ前に取り上げたテレマンの序曲とは対照的な、フランスの作曲家:リュリの明るい序曲です。リュリの作品に親しんだのは2012年の重要な出来事の一つでした。まだ道半ばですので、いずれ再開したいと考えています。

ということで、こちらも1曲目のOuvertureを選びます。




(10) バッハ / ブランデンブルク協奏曲 第5番  《10月》

いつかブランデンブルク協奏曲を全曲リコーダーで演奏してみたい・・・そうした思いが、この第4番と、続いて演奏した第4番の演奏で実を結びました。これも「リコーダーでは絶対に無理」という先入観をかなぐり捨てて、ダメ元でチャレンジした結果です。「やっぱりダメじゃん」「不揃いだし・・・」そう感じる方も多いでしょうけれど、私としてはやり遂げた充実感がありました。有名な第1楽章がやっぱり好きですね。




(11) ソラージュ(14c.-c1403) / バラード、ヴィルレー、ロンドー  《11月》

11月に入って、発散しかけている音楽室のウェブサイト(IL DIVO Papalin)を再構築する気力が湧いてきました。再構築するなら、それと共に私の音楽室の特徴の一つでもある、ヨーロッパ中世の音楽の部屋を充実させたい・・・そんな思いで実践開始しました。手持ちの楽譜や楽譜提供サイトを駆使し、中世の作曲家の作品に関しては、恐らく私が演奏可能な曲は全て演奏できたのではないかと思っています。そんな中で、非常にユニークな作曲家に出会いました。それがソラージュという人でした。詳細は個別ブログを参照して戴きたいのですが、こんな人がいたんだと改めて感動(尊敬)した次第です。

1曲選ぶとするなら、その特異性で、バラード:"S'aincy estoit "です。




(12) 『世界音楽史 四つの時代』(ヴィオラ著) 譜例の演奏  《12月》

中世の音楽の演奏がおよそ目処が立ちましたので、12月には次なるプロジェクトを始めました。神田の古書店で入手した新しい古本(私が生まれた頃に書かれた本でした)の譜例の演奏です。西洋の音楽は人類の音楽の一部と捉えた世界を見渡した内容に興味を持ったというわけです。それら譜例の演奏および著書には、さまざまな発見がありましたが、その中で、譜例として掲載されたヴァーグナーの作品を演奏することに至ったのは、棚からぼた餅的なことでした。ヴァーグナーとリコーダー、どう考えても結びついませんよね。結びつけてしまったことに、達成感と充実感があります。

ということで、選んだのはヴァーグナー / 《トリスタンとイゾルデ》です。




繰り返しになりますが、2012年の御愛顧に感謝致します。
2013年も、人類が心豊かに暮らせる年になりますように。

みなさま、良い年をお迎え下さい。



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

ミール
2012年12月31日 09:15
1年間お疲れ様でした。膨大な数の作品に取り組まれたのですね ベストワンが意外でした。視聴者的には広瀬さんのラメンテーションです。これからも沢山の楽曲で魅了させてください。ありがとうございました。 (6時間前)
Papalin
2012年12月31日 09:16
◆◆ ミールさんからはこの一年、沢山のコメントを頂戴しました。ありがとうございます。ベスト12には順位はつけていないのですが、それぞれに思い出がありますし、選から漏れた曲にもそれぞれ思いはあります。2013年はどんな曲に出会うかわかりませんが、来年は辛口のコメントも宜しくお願いします。お礼まで。 (58秒前)
ichi
2013年01月03日 09:49
あけましておめでとうございます。
さて、私の笛ベスト10順位もこの通りです。
1.アンサンブル東風コンサート
Papalinさんらしいコンサート、これはNo.1でしょう
2.クヴァンツ トリオソナタ ハ長調
プロとのアンサンブルは圧巻でした。
3.バッハ ブランデンブルグ協奏曲 第4番
多重録音ならこれがNo.1 参りました
4.広瀬量平 ラメンテーション
広瀬量平みんな良かったのですが、あえて選ぶならこれです。
5.近藤浩平 坊さんの気晴らし
小品ですが好きですね。良く聴きました。
6.坂本龍一 鉄道員
これも好みです。リコーダーの演奏も曲に良く合っていると思いました。
7.バッハ 管弦楽組曲第1集
バッハだけでもベスト10に収まらないくらいですが、好みで。
8.ラッソ 聖ペテロの涙
言葉の引き出すイマジネーションも手伝ってとても良かったです。
9.マショー バラード集
中世のシリーズから何か選べといったら、マショ~!マショ~!!でしょう!!!
10. アンヘルビジョンド エルチョクロ
Papalinさんタンゴ上手です。ピアソラ聴いたときはルッキよりうまいと思いました。
褒めすぎですか?これはお年玉です。
2013年01月03日 11:55
◆◆ さて、私の笛ベスト10・・・

ichiさん、ありがとうございます。
こんな風にお返事を書かせて戴きました。(URL⇒)